DREAM GIRLS

ドリームガールズ
監督・脚本:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィー、ダニー・グローバー、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ
2006年 アメリカ

あのな。
平気で見え透いた嘘を付く、
自分の与えられた仕事も満足に出来ない、
場の雰囲気や状況も読めない、
間違えてもその事が分からない、
謝りもしない、
ずる休みをする、
人のせいにする、
覚えも悪い。
甘ったれの御託はいらねえよ。
半端者以下のお前さんが人様の命を預かる大事な仕事に「向いている」とは恐れ入る。
俺はお前さんの先生ではなし、ここは学校ではない。授業料なんぞもらってねえんだよ。
お前さんは給料貰って、仕事しに来てんだろ。
給料分だけの値打ちがお前さんにあるのかよ。
「できない」だけでここまでは言わん。
せめて、分を弁えろと言っているんだよ、俺は。

と、言ってやるのが適切な場面だな。
目の前のボンクラを眺めながら思う。

これ以上俺の場を荒らすな。とっとと出て行け、このうすボンヤリ。

どうか、お願いだから、そう言ってくれ、と周りの部下の眼が訴えている。

あ〜あ、ったく、ここは一体何処なんだ…。

さて、このフィルムは
トニー賞6部門受賞のミュージカルの映画化。
才能があるだけではのし上がれない。
如才がないだけではしのげない。
けれどそれ以上に、何かがないと走り続けられない。
シュープリームスをモデルに
輝かしいステージとその裏側を描く。

出だしに肌が泡立つ。
ビヨンセ・ノウルズはスリム化して美しい。が、本業である筈の歌があまり響かない。
ジェニファー・ハドソンの歌が素晴らしいのと対照的。
エディ・マーフィーのふと見せるやるせない表情、この役の起用は納得である。
せっかくですので音響設備の良い環境で、ご鑑賞下さい。
[PR]
by sheknows | 2007-04-15 14:48

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows