WILLY WONKA & THE CHOCOLATE FACTORY

夢のチョコレート工場
監督:メル・スチュアート
出演:ジーン・ワイルダー、ジャック・アルバートソン
1971年 アメリカ

チョコレートとショコラの違いを
明確に説明できない。
大体英語読みとフランス語読みの違い位なものなのか、
それとも、何か定義があるのかも知れぬ。
そもそも、違いがあるのかどうかもよく分からない。
が、敢えて分けるとすれば、
ヨーロッパ風の大人な味付けでやや高級なものがショコラ。
チョコレートは賑やかなパッケージで、ハーシーズに代表されるような味。
と、一般的には考えられている、
と、我が輩は考えている。

ワンカさんの工場から搬出されるのは、
上の分類で言うと、間違いなく「チョコレート」だ。
美味しいチョコレートの香りは、
魔法のように疲れを癒す。
賑々しいパッケージを受け取って開封する時の、心のときめき!
そして、ひょっとすると、ゴールデンチケットが入っているかもしれない!
わくわく感は否が応でも高まる。
まるで、宝くじのよう。

このフィルムのウンパルンパは顔がオレンジ色。
結構強烈である。
[PR]
by sheknows | 2005-12-31 23:45

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows