<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

21guns

今更乍らGreen day
何度も耳にした事があるこの曲。
今の我が輩の気分にピッタリ。
you're in ruins…
歌詞が妙にずしりと入って来る。

American idiotがブロードウェイで掛かる日も近いらしい。
キャストと録ったバージョンが良いねぃ。
c0032580_2065968.jpg
本日は90キロ弱の山岳コース。
手作り補給食持参してみたが、いいね、買うより断然美味しいし。
若干喰いにくいので改良が必要だ。
それにしても、陽気にあてられてか、集中力を欠く走りであった。
TT3本とも中途半端だったし、あまつさえ歌唄ってたものな。
登りも追い込まないで終わってしまった。
しかし、唯一の収穫は、
回転を意識して走る時に自分の思っているギアより1枚、下手したら2枚軽く出来る。
スピードを保って。
ちょっと魔法みたい。
単に普段重いギア踏み過ぎてるんす、要は。

ダム付近はマラソン大会とかで通れず、
ある程度平地を走りたいが為に、
峠を越えて
TTして
また峠を越えて(あ、天狗の出る峠は工事完了して走り易かった!)
人に勧められた桜観て帰って来た。
平均時速23.3キロ。
あはは〜、峠のせいにしておこう。
いやはや、そうに違いない。
最後のダッシュ3本で登り頂上で時速30キロに到達できたのは良いとして
平地は時速42キロまでしか出ず。
今週末はクリテリウムレースなのだがな…詠嘆。
[PR]
by sheknows | 2010-04-25 18:47 | 音楽

寝坊

どよ〜ん、寝坊だ、寝坊。
はい、パリ・ルーべとフランドル観てアルコールも少々で、
盛り上がりました昨夜。
カンチェラーラとボーネンの脚を観比べていると
断然ゴツいのはカンチェラーラ。
下肢の筋肉が全て、ペダルに力を伝える為に動いている様は美しい。

そして我が輩はそれらに魅入るあまりにベッドに入ったのが遅過ぎた。

しかも、起きたら寒いな〜、嫌だ嫌だ。
低気圧が支配的な天気だと鼻水がダダ〜っと。
あああ。
やる気が出ない。

うむ、昼過ぎちゃった。

と言う訳で、
ロングライドはせず、LT走とスプリント3本の
1時間トレーニングって事で、ぐいっと走って来た所、
スプリント時に46キロまでしか出ない。
ぬわ〜にが「スプリント」やねん、せいぜいが「小走り」やんけ。
とほほ。
もうちょっと出てると思ったんだけどねぃ、う〜む。
流石にシューズカバーは要らんかったけど、ロングスリーブ・ロングタイツ。
来週5月だぜ?!
[PR]
by sheknows | 2010-04-24 23:38 | トレーニング

寒い?!

車の天井を開けて走ると楽しい季節の筈だが、
…寒い。
「やせ我慢」してオープンで走ってクシャミをしている馬鹿は我が輩の事である。
シートヒーターも付けっぱなしだ。

こんな気温のなか、夜練するのは嫌だ。
疲れているし寒いしさ。
朝練もダメだ、仕事中に眠気が襲う。
しかし、どっちもしないのは、もっとダメだし嫌だ。

…という訳で消去法的夜のローラー台と筋トレ。
矢鱈に汗やんけ、と思ったら
ヒーター付けてた…。

回転と55回転のみ。
明日は寒くてもロング走だぜ。
シューズカバー要る?!
[PR]
by sheknows | 2010-04-23 22:26 | トレーニング

フレーシュ・ワロンヌ 2010

最大勾配25パーセントというユイの壁。
普通の人はロードレーサーに乗って登る事が不可能な坂だ。
いや、ほんとに。
大体25パーセントの坂なんてそうありゃせん。
少なくとも我が輩は遭遇した事がない。
もし、遭遇したら、躊躇いも無く押す。ペンギン歩きで。

フレーシュ・ワロンヌは3回もその「ユイの壁」を駆け上がる。
3度目のユイの壁が頂上ゴール。
まさしく、「三度目の正直」
…う〜むイマイチフィットしない。

では「仏の顔も三度まで」
…んんん。
違いますな、コンタドールが3度目の坂で沈んだ時にちょっとショックだったけど。

しからば「石の上にも三年」
エターナルシルバーとかアルカンシェルの呪いとか色々言われていたが
どうやら彼には虹色ジャージは良くも悪くも効かないようだ。
カデル・エヴァンス、甲高い声でしゃべるローワン・アトキンソン似の世界チャンピオン。
小生は彼がインタビューで喋り出す度に「ホーホー」とか言い出さないかちょっとドキドキする。

しかし、もの凄いコースプロフィールのレースであった。
コースプロフィールももの凄かったし、スピードも速かった。
フランク&アンディは一体どうなんだ、今後に注目。
コンタドールはやはり登りで出て来るねぃ、軽々と速いあのダンシングをまた拝見。
クネゴは栗村氏の呪いにより落車しちゃったねぃ。

本日も雨。よく降る。そして寒い。
1時間半のローラー台。
高速ペダリングと
ストンプ、スプリント。
パワーを保てるギアと回転がまだ噛み合ないが
調子は悪く無い。
[PR]
by sheknows | 2010-04-22 11:24 | ロードレース

桜散る

雨が降るので練習出来ません。

と、言いたい所だが、
我が輩にはローラー台なるものがあり、
そうも言っていられない状況である。
疲れているがやっておこう、
こういう普通に考えれば無駄な気がする踏ん張りが無いと速くはならない。

ストンプ6本2セット
ペダリング
スプリント3本
合計2時間。

450Wが最高値。
キツい。
足がムキっとなっている。
相変わらず足は廻らん。
踏み込みが過ぎるのが原因かも。
少なくとも3時まででは済まない、5時付近、下手したら下死点まで踏んでいる感じだ。

ファンかけながらやると喉がもの凄く乾く。
しかし無しだと汗だくになりすぎて気持悪いし。

今からマッサージ。
身体をほぐさないと大腿骨大転子部周辺筋肉もパンパンになっている。
クリートを適当にいじったので膝の痛みはもう大丈夫だろう。
風邪も治まったし、調子をキープしていくのが課題。

ある程度節制するシーズンに突入だ。
しかし、ビールは…のみたい。
お菓子は我慢するとしても。
[PR]
by sheknows | 2010-04-20 18:05 | トレーニング

アムステルゴールドレース 2010

いや〜、何か久々にロードレースを観た、という感じ。
もの凄く語弊のある表現ではあるが。

今年の「北のクラシック」紛う事無き中心人物ボーネンも出てないし、
「何時何処で炸裂するのか?!」カンチェラーラもDNS。
故にやたらなハラハラ感無く、カウベルグの登りも普通にワクワクして見られた。
カチューシャはやはり強いねぃ。
しかし、ジルベール、去年のシーズン終盤の好調さを維持しているような雰囲気。
まだ勝つのだろうか、ジルベール。

小生自身は先日走ったコースを再びトレース。
二人で走って、休憩は水分補給だけ。…ありがち。
日曜日とあって川沿いでは釣りやバーベキューの人々が沢山。
そしてお花見モードの人々も沢山。
そこをシャーッと走り抜ける。素通り。
平地は付き位置で、一定負荷。
向こうからバイクペーサー練習の人が走って来たが、
「あんたも同じ状況や」と言われ、成る程。
どうしても重いギアを踏み踏み回せず失速していくパターンに陥りがちで
一枚軽いギアで回す意識をするが
回せん、ホンマに。
登りは況やをや。
最後の裏京見はだら〜っと喋り乍ら登り、帰宅。
100キロジャストで平均時速24.1キロ。
[PR]
by sheknows | 2010-04-19 07:25 | ロードレース

雪の山岳コース

「今何月何日でしたっけ?」
と思いつつ白いものが空から降って来る中、
峠をウラウラと登っておりました。

寒いねん、
ウェアのチョイスが難しい。
今日はシューズカバーとロングタイツ、長袖アンダーで半袖アウターにシェルと薄手のフルフィンガーグローブ。
失敗した、と思ったのはグローブだったが、冬仕様だと多分汗をかいて却って手が冷えていたので
まあ、こんなもんか。
半袖アウターである必要は一切無かったな。

人の後ろを走る恩恵をあまり感じる事がない一日だった。
うっかりすると瞬殺で千切れて「集団走行」って感じでもなかったし、
楽しくサイクリングって感じでも無いし。
で、雨雲と一緒に移動していたような気がする。
ずっと雨と風。
途中で膝がピッキーン…終了。

101キロで最後はヨボヨボ走りだった。
平均時速は24.5キロ。
平地は40キロキープだったので如何に途中で、特に峠で落としているか、ということだわな〜。
は〜がっくり。疲れた。
enough!
[PR]
by sheknows | 2010-04-15 16:39 | トレーニング

パリ・ルーべ 2010

犬を飼うとしたらファビアンって名前にしよう。

毎年パヴェで苦しむロードレーサー達を
ワーワー言い乍ら見物するのが楽しみな
エゲツないレース最右翼のパリ・ルーべ。
しかし、今年は様相が全く異なり、
人類:トッププロロードレーサーVsファビアン・カンチェラーラ

50キロを独走するんだもんな〜。
もう抜かれた瞬間ボーネン以外は、諦めてたよな。
そして驚く程パヴェの存在感が薄い!
そりゃみんなに「異星人」とか「大怪獣」って言われるよ、仕方ないねぃ。

見所は残り60キロ前後のボーネンの執拗なアタック潰しと
残り48キロ地点のカンチェラーラアタック
その後のドンドン広がるタイム差と絶句気味の解説達。
後はもう我が輩はスイスチャンピオンジャージがパヴェに入る度にハラハラし、祈るばかり。
長いヴィクトリーラン。
ゴール後の涙、いつもの賢気なコメントは出ず。
あれでけろっとしてたらホンマに可愛げないけど、あそこで泣けるのもまた有る意味パーフェクト。

んで、ボーネン、ボーネン。
心のクラッシュをしてしまったのかと思われるが、あまり負けた時にあれこれ言わんで
レースで勝って仕返しせい。
ボーネンが活躍してくれないと観ている側も盛り上がらんし。

ポッツァートのあのイタリアチャンピオンジャージはカッコええね。体調不良だったのか走りは今ひとつだったが。
ヒンカピーは「not my day」っちゅうてたらしいけど、パリ・ルーべでは今年も輝く事はなかった。あのジャージがあかんと思う。
フレチャの走り方は、周りから嫌われそうな感じだったねぃ。
フースホフトは殆ど目立っておらんかった。

つくづく思うが、パヴェ走行って僅か10秒でも脳味噌シェイクで阿呆になりそうになるのに
時速40キロ以上で何キロも何回も突入するんですね、このレースは。
大体パヴェで40キロって我が輩には想像出来ない程のパワーが必要。
考えてみればおかしなレースですが、途轍も無く魅力的。
あ〜今年も強烈に面白かった!!
クラシックシーズンが始まる前にフランドルとルーべのダブルで勝ちたいと言っていたカンチェラーラ。
お見事でした。
[PR]
by sheknows | 2010-04-14 21:49 | ロードレース

ゴーヤ

今年チャレンジしようと思っている事は
「グリーンカーテン」なのだ。
昨年は取りかかるのが遅くて見事に失敗。
今年こそはミドリの美しい葉からこぼれる夏の日差しの下で、
ピムズを飲むのだ。
植えるのはゴーヤとひょうたん、へちま。
初心者なのでちゃんと苗で買って来る予定。
んで、今年は
ゴーヤときゅうり取り放題。
いいね。

んな事を考え乍ら
昨日は山岳スピード練
登りスプリント15本。
40キロで平均時速25.5キロ。
何を植えるのかは高速スピニング練の真っ最中に決まった。

本日は怪しい天気。
みんな伊吹山ヒルクライムに行ってしまったのか
ローディーの姿は微塵も無し。
ダム廻りで神吉ループ練。
70キロで23.5キロ。
スプリント5本。
雨がどしゃ〜っと降って今年初めての雨練だった

帰宅してみたら、
地面は乾燥…よくあるけど。

やっとスピードが乗るようになってきた。
登りは今までよりもちょっとマシ。
しかしレースでは瞬殺されてしまうねぃ、このレベルでは。
うむう。

グリーンカーテン計画は実に楽しいのだが、
今日はこの後パリ〜ルーべ!
ボーネン今度こそ地力を見せるか?
カンチェラーラ、マークを振り切っていく力はあるか?
ん?ポッツァート居るやん、腸炎は治ったのだね。
フレチャは最後まで残れるか?
ヒンカピーあの派手派手ジャージはなんか好きになれないす。
フースホフトも狙って来ているんやな。

誰が転けて、誰が車輪を交換し、誰がパワー切れになるのか?
幸運の気まぐれな女神の存在とその采配を強く感じる
春のクラシックレース、最右翼!
さて、観戦スタンバイだ。
[PR]
by sheknows | 2010-04-11 15:26 | 美味しいもの

ロンド・ファン・フラーンデレン2010

いや〜、興奮冷めやらぬまま、夜が空け、
勢い余って本日休みを取ってしまいましたさ。

…ん?

素晴らしいレースだ、と思うかどうか、は
贔屓の選手が勝つかどうかに多くはかかっているのだが、
今回は内容もライバルとの駆け引きも走り自体も表彰台も文句無し。
他にこの勝ち方を出来る人は居ない。
栗村修氏が言った通り、「男を決める」レースで将に圧勝。
惚れ惚れするねぃ。
カンチェラーラ、並ぶもの無し、であるよ。

落車が多かった。
バイク交換もやっていた。スペシャライズド大丈夫?何で交換してたのだろうか、あんなに頻回にサクソバンク達。
難所ゆっくり攻撃は素晴らしく面白かった。
解説・実況の人々がテンションかなり高めであった。
思ったより早く逃げが掴まり、
キラ星のごとくの優勝候補だけが残って、ハラハラ、ワクワク。

カンチェラーラがあの坂でアタックして、姿が見えなくなった時の
ボーネンの踏ん張り、あれもホンマにかっこ良かったねぃ。

終わってみればジルベール3位。ふむ。
ブレッシェルは完走したんかいな?と思っていたらちゃんと上位に入っている。
アームストロングやカヴェンディッシュはツールの下見的参加だったのねぃ。

次のレース、パリ・ルーべはカンチェラーラはマークがキツすぎるから無理かね。
ボーネンが強く無いと、クラシックは面白く無いのだ、是非、死闘を繰り広げて頂きたい。

で、
小生は花見練。
暑かった。もうロングタイツは無理。
118キロで平均時速25.8キロ。
まあ20キロを切るような峠は1カ所だけの湖からダムを廻って川を上がるコースだしね。
向かい風におえおえ言い乍ら15キロのTT。
疲れるな〜、足が途中で終了しかけたす。
c0032580_18401487.jpg
30キロアベレージで帰路を急いでいる時には前を高速で走るターゲットが居てくれたのでペース維持しやすかった。
追いかけられている状況とか、追っている状況は、
やはり、淡々と一人で走るよりも踏ん張りが利くねぃ。
ようけ補給食食べたな〜。パンとおにぎりと飴とジェルとパンとジュース2本。
消費カロリー<摂取カロリー。
ちぇ。
[PR]
by sheknows | 2010-04-06 18:45 | ロードレース


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧