<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

鴨寿司

スプロケを新しいのに交換。
勢いで12-25を12-23に。
クロスレシオ重視。
一番使う辺りのギアで細かく替えられる方が良い筈。
登り以外では…。

んで、まあ、試しに走りに出たが、
寒い。
どこが15度やねん、昼間も6度とか5度やん。
しかし、風が強く吹くという予報は当たり。
何でやねん…。
ボヤキ街道と名付けた緩斜面登りの12キロをTT走り。
追い込めず、中途半端な走りとなったが、小生は向かい風に弱いのだ。

相変わらず回転数は上げられない。
サドル送り位置だけの問題ではない事が発覚。
筋肉が弱り切っている。
「びっくりする程早く回っている!」と思ってケイデンスを見ると
90rpmだったりして、トホホ感満載。

そんなこんなで折り返し地点で、
「鴨寿司」を購入。
もの凄い美味しい、とかそんな感じはない。
取り敢えずのカロリー補充、空腹回避というレベル。
その後、偶然オオヤコーヒのオオヤ氏が登場。
相変わらず怪しい佇まいである。
「乗って行くけ?」との誘いに思わず頷きたくなる寒さだったが
帰路につく。

登りは、頑張れない。
既に足がパンパンだからか、やる気がないのかよく分からない。
多分両方。
再度TT走りで息切れ。ハートレートが上がり切らない内に呼吸系がダメになる。
所々向かい風、いつもインターバルをする峠は途中で工事があり、
時速10キロ以下でダラダラ登る。
ダラダラ登っても全然しんどくは無いが、何の役にも立たない。

最後の持越峠をよっこらしょっと登って帰宅。
95キロの22.7キロアベレージ。
遅。
[PR]
by sheknows | 2010-02-28 16:24 | 美味しいもの

ポジション変更

どう考えても、サドルを送り過ぎ。
脛の長さと合っていない。
まあ、そもそもフレームジオメトリーに若干無理があるのだが、それは無視するしかない。

で、サドルを前進させること5ミリ。
やり過ぎかも、と思い乍ら本日は調整ライド。
ひょっとして、ペダリングできへんのは、サドル後退させ過ぎが原因だった?
いや…そうに違いない。

寒いんか暖かいんかよく分からん天気だったので、中途半端なウェアリングで。
花粉も飛んでいるので、鼻水ダラダラ。
風も強い。そして、まあ、向かい風。

インターバル15:45を20本と
90回転20分1回
モガキ2本で終了。

サドルの位置はしばらく現在位置で。
いい加減にスプロケ替えに行かないと。
[PR]
by sheknows | 2010-02-27 14:40 | トレーニング

ヨーグルト 再び

ヨーグルトを食べると、色々身体に良いらしい。
花粉症に、便秘に、美容に、免疫が…とか色々。
どこまで因果関係があるのかよく分からないが、
少なくとも、「不健康な食べ物」でないのは確かだ。
やたら甘いものを除いて。

で、食べるようにしている。
まあ、気分の問題、程度の乗りですが。

実はもうすぐレースなのでダイエットをしないといけないのだが、
まあ7割程度の出来で良しと思っているのであまり今は絞り込まない。
ペダリングが壊滅状態なので、そっちのほうが気になる。
筋力は確実に付いているが、
それでは回せない訳である。
ギア一枚で天国と地獄ほどの差がある、大袈裟に言えば。
踏めても回せない。
回せないと勝てない。

心臓の調子が今ひとつ。
[PR]
by sheknows | 2010-02-26 20:10 | 美味しいもの

ツアー・ダウン・アンダー2010

峠を上がって、湖を渡っての平地スピード練。
しっかし、ダンプが多い。
顔が排ガスで真っ黒である。
いやだいやだ。

向かい風のなか、90回転でのスピード練。
14キロを走り切る。
まあ、走れる。
が、回転数が上がらない。
マックスが90回転位の感じだし、
スピードも上下し過ぎる。

細かい上り下りのある緩斜面も90回転で、と
思いきや、
あまりにもダンプが多くてまともに走れないため断念。
向かい風のなかドロドロと川沿いを下る。
さっきのスピード練で筋肉がやられているのを感じる。

さ〜て、帰りは追い風の筈だぜ!と
折り返したが、
何故か横風、向かい風とクルクル動く風向きに翻弄されながら
再び、平地スピード練。
80回転で。

腕が痛い。上半身に変な力が入っているのか?
サドル2ミリ上げたせいか?
膝が痛みがあったが、脱力するように意識していたら楽になった。
多分妙に膝固定の力を入れていたのだろう、と思う。余計な力みが掛かっていた。

走行距離119キロで時速24.4キロ。
な〜にがスピード練やねん、という感じだけど、まあ、実力ですかね。これが。
それにしてもケイデンスが低すぎる。
未だかつて無い低いケイデンス。ヤバい。ヤバいよ〜。
ケイデンスドリルやらんとあかんね。

で、ダウン・アンダー。
今年はダイジェストでどどっと行って、最終ステージのみ2時間。
辻啓氏のトークは結構好きな感じ。
栗村氏と少し声質が似ていて、どっちがしゃべってんねん?とわかりにくい時があったけれども。
レースレポートの感じもそういえば栗村氏と似ている気がする。
辻啓氏これからもレース解説に出てくれたら良いな〜。
あ、レースね。
レースは、カラっからで暑そう!オーストラリアだけあって何もなさそう!!な景色の中を
走り抜ける集団の恐るべきスピードに度肝を抜かれました。
新しいジャージにワクワクしながらも(特に股引ジャージ)、グライペルばっかり勝ってましたな、んったく。
たしか去年もグライペルは勝っていて、途中で骨折って帰ったんやったっけ?
とかなんとか、盛り上がりました。
やはりレースはええよね〜、観てる分には!!!!
[PR]
by sheknows | 2010-02-22 20:33 | ロードレース

山岳ステージ解禁

朝は寒いけど昼間は結構あったかくなって来た。
ほかほか、までは行かない。
ほか…、位。日向限定で。

昨年末で封印した山岳コース。
雪が路肩にどさ〜っと有ったり、じゃりじゃりと凍っていたりして、
しかも小生は目が悪いので
日陰でよく分かんないまま突っ込むリスクがあるし。

ぼちぼち凍結防止剤でドロドロになりつつも、
走れる感じになってきた。
山の中は少し雪があるし、空気は冷たいが。

登りインターバルダンシングで12本。
久々の登り緩斜面80回転。
車も少ないし、この時期につきものの工事も殆ど無いし、
走り易かった。
が、往復向かい風?
「全速力って…こんなに遅かったっけ?」
と、へなへなに。
TT走りが出来ずに腰が痛い。

走行距離95キロで平均時速22.9キロ。
う〜む、まずいんじゃないの、このスピードでは。
ケイデンスも殆ど足回してねえな、の60台。
いかん、いかんよ〜。
[PR]
by sheknows | 2010-02-21 19:56 | トレーニング

あか〜ん

風邪からまだ完全復活していない。
しつっこいな、この風邪は。
我が輩は喉が弱いが、今回唾が飲み込めない程喉が痛い。

ま、ちょっと一段落した気がするので、
今日はローラー台。
先ずはファストペダルドリル。
30秒 グラニーギアで150rpmでスプリント
3本
今日はケイデンス163rpmが最高値。

次回はハイスピードペダルドリルも追加する。

片足ペダリング
いくらやっても全然左足がスムーズじゃない。
回す、という感じにならない。
踏み込みが早いせいか?

スピードアクセラレーション
2セット

しかし、ディセンディングインターバルで完全に敗北。
大体からして110rpmが保てない。
40秒が限界。
ギア重い?…いや、そんな筈無いんだけど。

135分のトレーニング終了。
ボトル一本飲み干した。

んで、熱が出た。
まあ、騙し騙し行くしかないわな。
[PR]
by sheknows | 2010-02-07 22:46 | トレーニング

風邪とパンク

本日は風邪から復帰の練習。
軽〜く、と思って走り出す。
が、直ぐに相方がパンク。家に帰って気を取り直して出発。
少し走ると再度相方パンク。
ま、「こんな日もあるな」、というか、「なんやねんそのチューブは」、若しくは、「パンク直しは正確に」。

予備チューブが無くなった我々は何かあっても歩いて帰れる所での練習に切り替えた。

スピードアクセラレーション。3本3セット。
途中で洟垂れるし、息出来ないし、咳出るし、吐きそうになるし。
病み上がりや、っていうてんのに、キッツイ練習だった。
おえ。
にも、かかわらず、
心拍上がらんし、何か不完全燃焼。

加速力は元々無いし。
マイナスからのスタートと思えば気が楽か。
…そうでもないな、

雲ヶ畑にゆっくり登って降りて終了。

帰ったらやっぱり熱が上がっていた。
とほほ。
[PR]
by sheknows | 2010-02-04 23:03 | トレーニング

生姜湯

とろ〜っと暖かくて甘くてスパイシーな飲物
生姜湯。

ええ、そうなんです、
小生は現在風邪っぴき。
久々に38度39度の高熱を自分で体験した。
車の運転するのが怖い集中力の低さ。
しかし、仕事は休めない。
イコール
長引く風邪。
現在5日目。
全然回復しないので、練習できない。
焦るな〜。

で、生姜湯。
喉もやられているので、随分ぬるくないと飲めないのだが…。
[PR]
by sheknows | 2010-02-04 08:09 | 美味しいもの

Dr.パルナサスの鏡

実際、このフィルムを映画館に観に行って、
満員なのには驚いたが、
久々に、面白い映画を観た。
こういうのが好きな人は拍手喝采。
そうでない人には、何が面白いんか、現実とイリュージョンの境目がどこか、とか
あの台詞の意味は、とか
希代の男前達が演じるあの男は、とか
色々と気になって、楽しめないかもしれない。

いや、ある意味楽しめているのかも。
自分がちょっと賢そうに思えるような事を述べている事により。

我が輩は、途中でがはは笑いをしていた。
あ〜、面白かった。
映画館で、是非。テリー・ギリアムの毒を一杯召し上がれ。
[PR]
by sheknows | 2010-02-02 22:46 | 映画


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧