<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ブエルタ ア エスパーニャ 2009 第1ステージ

ファビアン・カンチェラーラ。
名前だけでもカッコええのに、
無敵のタイムトライアルスペシャリスト。
彼の走りには見惚れる。
インタビューの時の穏やかな感じとのギャップもまた良い。

今回ブエルタにも出場。
第一ステージは5キロの短いタイムトライアルだったが、他を圧倒。
マイヨ・オロを獲得だ。
金のカンチェラーラだぜ。

世界選手権が優先だろうから、山岳ステージだらけのこのグランツールを走り切るのかは不明だが、まあ、彼が走っている間は、少なくとも、観るのだ毎日。

ヴィノクロフが復活
アレハンドロ・バルベルデの本気モード
見慣れないジャージのコンチネンタルプロチームの選手達
キッツいコース
ブエルタ、面白いかも。

という訳で、
小生も少しばかり走りに出た。
大きな峠を2つ、小さな峠は無数にある山岳コース。

…途中で「のんびりツーリング」のおじさんに話しかけられ、
暫く話しながら走っていたが、わずか10数分で
60歳でメタボで自転車に乗り始めて
今、自転車屋からマドン5.5を薦められて(!!…あかんやろ〜ツーリングの人にそんな高いバイク売るような店は。色んな道具付けて20キロ弱でノンビリ走る人に、マドンか〜。)やっぱり買おうかな、50万円もするんだけどね。(買うんかい!!!)
ステムが長く今のバイクは小さい、靴を新調して楽に走れている。
などと喋るシャベル。
小生のバイクのスペックを隅々までチェックし出したので若干面倒くさくなり
九鬼が坂で置いて行きました。
ふぉふぉふぉ。
今日は一定の強度で走りたいのでね、アデュ〜。

安倍晴明の子孫が移り住んだという所まで走り続けて、飲物補給して折り返し。
登って下って到着したって事はまた登って下るって訳なので
長い峠をダラダラ登るのもしんどいし
インターバル練。
…余計しんどいねん。

行きは向かい風の中を
「帰りは追い風、帰りは追い風」と唱えながら走ったが、
向かい風と追い風、横風がめまぐるしく吹く中、帰りを急ぐ。
追い風特急に乗りたかった。何だか損した気分である。

途中でチームの人に出会いちょっとしゃべって
また峠。
再度インターバル練。
家にたどり着いたらヘロヘロでした。
136キロ。
平均時速24.1キロ。
あきませんでした。
(現在合格ラインは100キロで25キロアベレージに設定)
[PR]
by sheknows | 2009-08-30 18:07 | ロードレース

パリ〜ルーべ 2009

いや〜、まあ、そうですね、誰が勝ったか勿論知ってます。
どんなレース展開で
誰がどの辺で転けたか…知ってます。
でも、
再放送に見入ってしまう。

ロードレーサーはタイヤが細い。
小生が履いているタイヤは23C。
通常、プロの選手は更に細い21C。
タイヤが細いっちゅうのは、路面抵抗が少なくて速く走れるという事ではあるが、
ちょっとした凹凸や砂などの堆積物で転び易くなるという事でもある。
実際、道の端にある溝や、マンホール、白線、落ち葉などが一々トラップになる。
かなり神経質な乗り物だ。
そういうナーバスな乗り物で、石畳を走るとどうなるか?

手が痺れる。
脳味噌が痺れる。
チェーンがバタバタと暴れ、
ハンドルが上手く操れない。
ゆっくり走るとガタガタとした衝撃がマシかというと全くそんな事は無く、
寧ろ凹凸を感じなくなる程度に相当スピードを出して走った方がまし(とはいえ、そんなん怖くて出来ませんけど)らしい。
カーブ出来ない、減速できない。
身体に余計な力が入り、ガチガチだ。
パンクの危険も転倒の危険もいつもより格段に高くなる。

そう、普通は石畳の上なんて走らない。
そんな所を走る為の乗り物ではない。

けれども、パリ〜ルーべというレースは、古い石畳の道を256キロに渡り走り抜ける。
別名「北の地獄」も伊達じゃない。
完走率の非常に低い、選手のボロボロ度が非常に高いレースだ。

これほどに観て面白いレースもまたとない。
苛酷であるが故に。
いや、ほんとに。

はい、こういうレースを観た後は、
ちょっと位雨が降っていても走らない言い訳にはならんね、と
あっさり思える訳です、小生は単純構造ですのでね。
明日もあまり天気はすっきりしませんが、練習しませんとね。
[PR]
by sheknows | 2009-08-29 01:10 | ロードレース

ツール・デ・フランドル2009

いや〜、再放送なんですけどね。
今はもう秋口ですし。
レース結果も知っているんです、そうなんです。
でも、
オモロい。

カンチェラーラのチェーン切れアピールも
ポッツアートとボーネンの確執も
ぼそぼそと喋る三船さんの解説も
ひっくるめて
観ていて楽しいレース。

まあ、観ていて楽しいレースっちゅうのは、大概間違いなく、エゲツないんですけども。

この再放送に見入ってしまい、寝坊した本日は走りに行くのをどうしようか迷った。
暑いし。
しかし、気を取り直して、
111キロの山岳&平坦コース。
向かい風でスピードは乗らないが、借り物のアルテグラホイールの走り味を楽しみつつ
水分補給してもしても足りない、脱水の危機に悩まされつつ
スピードキープとはほど遠い走り。

帰って来たらクタクタでした。
[PR]
by sheknows | 2009-08-27 22:22 | ロードレース

走行会

本当はもっと遠くまで行くつもりだったのに、
急遽近場に変更になった本日の走行会。
距離は100キロの山岳コースで、
ゆっくりサイクリング。
アベレージ22キロ台。
逆に疲れる。

帰宅してもモノ足らず、また走りに行こうかな〜と思いつつ洗車していたら、
アルトレモRがブワ〜ッと膨らんで変形している!
あちゃ〜。途中でバーストしなくて良かった。
タイヤ交換して、店に持って行き、
ついでにスプロケのゆるみを直してもらい、
更にアルテグラホイールを貸してもらい、
帰宅。
しゃしゃ〜ッと走れるやん。
1Wほどレンタルしてみるつもり。

サドルはやはりアリアンテは小生は苦手。
ダンシングばっかりになるのは、座りたくないからやしね〜。

さあさあ明日から、グレードアップ練習しまっせ。
[PR]
by sheknows | 2009-08-23 20:47 | トレーニング

夕方練

今日は蒸し暑く、雨粒も時に落ちて来る天候。
鬱陶しい湿度である。
日暮れなら、少し涼しいのだろうか…と
思ったが、甘かった。

どうもディレーラーがガチャガチャ言う。
う〜む、う〜む。
茫洋とした気分で走ると、
30キロ程度はなんとな〜く終わってしまう。
しかし、
それではトレーニングにならないのだ。
アップの為に緩い登りを走り、
そこからは集中力を高めてカンチェラーラ練。
薄く傾斜のついた登りをスプリント走。
ゼロスタートからトップスピードまで上げる。
3本。
ダンシング・シッティング10回交代練習を
3本。
登りスプリントを3本。
ア〜疲れました。
ダンシングが段々上手くなってきました。

ポラールのハートレートモニターを使っていて、
最近どうも心拍を拾わないので、遂に電池交換。
自分でやったので電池代だけで済んだ。
時計の電池交換なんていう細かい作業を自分でするとは驚きである。

そういう気分だったので、
サドルをアリオネに変更してみた。
はは…。いじり過ぎかも。
明日はロングなのにな〜、大丈夫なんだろうか〜。
[PR]
by sheknows | 2009-08-22 21:48 | トレーニング

カンチェラーラ練

自宅近辺を走り回るパワートレーニング。
重いギアで踏みまくる。
筋肉がガチガチに。
イマイチスピードが乗らないが、
パワースタート、スプリント、スピード維持とダウンを挟まずそのまま重いギアで引き脚。
5本やって終了。
次回は実際に多用する辺りのギアを使いながら回転重視で。
40キロキープが課題。

夜というのに25度。
まだまだ暑い。
[PR]
by sheknows | 2009-08-20 21:49 | トレーニング

魚谷峠

蛭がうようよいるらしい、と聞く魚谷峠入り口まで朝練。
体調が悪いのであまり負荷はかけないで、淡々と。
スピードもケイデンスも考えず、ペダリングとポジション、力の掛け方を意識しながらユルユル登る。
初めての道はやはり面白い。
この先どうなってるんだろうか…と思いながら凸凹だらけで中央にコケが生えている道を行く。
一応舗装路である。
しばらく登り、魚谷峠の看板を見つけた。
看板に「徒歩で」と指定が入っている。
…ってことは、ガレているのだろうし、まあまたシクロで来た時のお楽しみにしよう。
帰りは緩い下り。
空転せずに、薄く力をかけるギアで回しながら。
下り切ってスプリント2本。
本日はスピード出ず。44キロで脚が止まってしまった。

では、気分を切り替え今から仕事に行きま〜す。
[PR]
by sheknows | 2009-08-19 11:18 | トレーニング

ヴァッテンフォール・サイクラシックス

昨日ドイツで開催された1dayのロードレース。
名だたるスプリンターがひしめき合う出走者リスト。
いや〜〜、観る前から盛り上がる。

しかもね、ファビアン・カンチェラーラがエースナンバー。
カンチェラーラの走りを観るのが楽しみ。

猛スピードで落ち着かない集団はとても殺気立っている。
コースはクネクネとカーブし、
細くなり
激坂もあり。
そこを見るからに恐ろし気なスピードで走っている。
栗村&白戸コンビも妙に楽しそうでテンションは高め。

ゴール前3キロ切ってから、カンチェラーラが先頭に出て、
ひょっとして?!
と期待するが、発射した最終スプリンターが、ガーミンのタイラー・ファラーにゴールを奪われていた。
誠に珍しくコロンビアのトレインが影を潜めていた。
まあ、コロンビアのスプリント勝利には見飽きてしまっている人が多いだろうし、
そういう意味でも、
面白かった。
は〜。

スプリンターって怖い。
[PR]
by sheknows | 2009-08-17 19:54 | ロードレース

パンケーキ

正直に申し上げて、
パンケーキとホットケーキはどう違うのか?
出来合いの「ホットケーキミックス」で作るとホットケーキなのか?
小生には分からん。
分からんが、どうでも良い。

昼前に起床した今日はパンケーキを作った。
粉をふるわないので若干ダマがあるが、気にせずベーキングパウダーをふりかけて混ぜる。
玉子と牛乳とシナモンとバニラエッセンス、砂糖を入れて
適当にグルグルかき混ぜる。
フライパンで焼く。
バターと蜂蜜を、びっくりするほどぶっかけ、
美味いコーヒーと。
いや〜、最高な朝飯。

暑いねぃ、今日も。
朝練の時間にはとうに間に合わないし、
熱中症の耐性を付ける為ということにして、暑い最中のスプリント練。
平均勾配2.3%の緩い登坂をダンシング:シッティングを10回転毎に切り替えつつ登る。
キツい…。
その後、1キロ程の直線道路を使ってアクセラレーションと速度キープ。
45キロを越えると急に辛さが増す感じ。
3回。
帰りは引き足のみで走る。
本来ペダリング練習はオフシーズンにするべきだが、靴を替えて、いままで余りにも初心者的ペダリングだったことが分かり、やらずにおれない。
走行距離35キロ。しかし、中身が濃いトレーニングが出来た。
これもパンケーキのお陰か。
ものの本には、ロードレースのトレーニングをする人は「食べてはいけない」ものの一つがパンケーキと記されているが、…いいのだ、今日はまだ。
毎日食べる訳じゃないし、シリアスな食事制限は、まあ、レース1ヶ月前からって事で。

夕寝をして、ヴァッテンフォール・サイクラシックス観戦に備える。
もちろん、カンチェラーラを観る為だ。
[PR]
by sheknows | 2009-08-16 19:06 | 美味しいもの

新しいルート

練習に行くルートはいくつかあるが、
いつもいつも走りに行って
段々と飽きて来る。

新しいルートを走る時の、
どこに出るのか?
どんな道なのか?
通れるのか?
登れるのか?
え…?!
と、いうような驚き、新鮮さに飢えてくる。

テクニカルな「練習」をする時にはどんな勾配で、どれ位の時間に向かい風が、などと知っていたほうが良いが、そればかりで食傷気味な訳だ。

地図を眺めながら、新しいルートを探索。
前の晩に適当に打ち合わせをしたルートにチャレンジだ。

本日は朝6時に集合。

…ZZZ

眠いし、身体動かない。
走り出して程無く、グラニーギアでグへ〜と言いながら登る激坂。
(しかし、昨日テレビで観たアングリル峠の登りは斜度21パーセント。何でそんなスピードで登れるんだ、コンタドール!)
お陰で身体がやっと目覚めた感じ。
早朝走ると下りは体温を奪われ寒くなる。
大きな峠には霧が立ちこめており、視界が利かない。
スピードを上げすぎず、下げすぎず、で、先頭交代しながらひたすら走る。

新しいルートは、ダム湖に沿って伸びている。
風も無く、車も殆ど走っておらず、非常に快適。
幹線道路に出るとお盆のせいか、交通量は多くなったが、概ね快適。
アップダウンの続く道が、小生から気力を奪い、集中力が低下。
独走だったらヘタレる所だが、強力な相方が居てくれて、助かった。
しかし、平地45キロで前を引かれると流石に居てくれてよかったのか、どうか、疑問を若干感じた…。
脚を使い果たしつつ、いつもの登坂トレーニングルートに。
…もう、無理。
でも、ペースを合わせて走ってくれているのに、千切れられない。
葛藤しつつ、本日最終の峠を終了して120キロで帰宅。

左足のクリート位置が微妙にずれたのか、また膝痛が。
踏み込みの時に明らかに右と左の力の入れ方が違う。
右を全然使ってない。

プロテインも届いた事だし、
本格的にトレーニング再開と行きましょう。
[PR]
by sheknows | 2009-08-15 17:29 | トレーニング


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧