<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

The professor and the madman

博士と狂人
世界最高の辞書OEDの誕生秘話
著者:サイモン・ウィンチェスター
翻訳:鈴木主税

辞書というのは
下手な小説より余程、面白い読み物だ。
「ありゃりゃ、そんな言葉あったんですか。うむう…」
などと、若干独り言が増えるが
読み応えたっぷりだ。
そして、例え読み終えたとしても
読了感が全くないという珍しい存在でもある。

国語、漢和、英和、和英、英英、西和、古語、シソーラス、ことわざ、俗語など。
何でもいい、ちょっと手に取ってご覧なされ。
案外、新鮮で、笑えるし、含蓄はあるし、目から鱗は落ちるから。

で、この本は英語に関する最大の権威、オックスフォード・イングリッシュ・ディクショナリーが出来上がる際のお話。

夏の夜、辞書好きのあなたに。
[PR]
by sheknows | 2006-07-29 21:57 |

TOM HORN

トム・ホーンc0032580_97393.jpg
監督:ウィリアム・ワイアード
製作総指揮・出演:スティーヴ・マックィーン
出演:リンダ・エヴァンス、リチャード・ファーンズワース
1979年 アメリカ

「所長、事故です。」
「所長、クレームです。」
「所長、所長、…所長!」

…ん?
お、おお、…どうした?!

鈍い反応の我が輩。
そんな時だけ所長と呼ぶなよ、君たち。
てな、毎日。

さてと、本日はどのような落とし穴が掘られているのかな?
と、ワクワクしている顔でもしなくちゃ、やってられない。

しかし、我が輩は知っている。
自分が犯した失敗のリカバーは、どうあがいても泥沼化するような気分になるのに、
部下のミスは、格段にクリアに俯瞰出来る。
見えれば、その後は緻密に素早くパズルをはめ込むだけだ。
淡々とした作業である。

そんな「作業」の合間に。

トム・ホーン、
ウィンチェスター銃に絡めとられた男。
その腕前が、仇と成る。

スティーヴ・マックィーンの立ち姿をひたすら眺める。
彼の最晩年、最後の西部劇である。
[PR]
by sheknows | 2006-07-25 09:09

5×2 CINQ FOIS DEUX

5×2 ふたりの5つの分かれ路
監督:フランソワーズ・オゾン
出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ステファン・フレイス、ジェラルディン・ペラス、フランソワーズ・ファビアン、ミシェル・ロンダール、アントワーヌ・シャピー
2004年 フランス

ハインリッヒの法則。
1つの重大事故の影に
29の軽い事故が有り、
その背後に300もの事故にはいたらないまでもヒヤリとするような出来事がある。
そういう法則。
リスクマネジメントを考える時には必ず出て来る。

離婚調停のシーンから、フィルムは始まる。
そして、ヒヤリ・ハット報告を、若しくは事故報告書を提出すべき出来事が起こった過去に遡る。

放置された傷は膿んで、
酷くなるばかりだ。
治療をすれば治るかもしれないのに。

ずっと続くとは、もう誰も考えていない。
力強く、回復力を持つとしても、何度も傷つけられたくはない。
か弱く、あまりにナイーブだからといって、自らが呼び込んだ暗雲の言い訳は出来ない。
流れのままに、終わりを迎える二人。

にしても、
この苦味は始まりの幸せを際立たせ、輝かせる以外に、何も残さないのだろうか。
唸りながら観るのだ。
[PR]
by sheknows | 2006-07-16 17:08

FLIGHTPLAN

フライトプラン
監督:ロべルト・シュヴェンケ
出演:ジョディ・フォスター、ピーター・サースガード、ショーン・ビーン、マーリーン・ローストン、エリカ・クリステンセン、ケイト・ビーハン
2005年 アメリカ

一年に数える程、
いや、数えなくても良い程しか乗らないせいか、
我が輩は飛行機に乗る事に、まだ、少しワクワクする。
空港の雰囲気も、非日常へと導く。
何と言ったらいいのか、妙に清々しいのだ。

しかし、飛行機に乗るのが好きだ、というような暢気な事を言っていられるのは、あまり怖い目にも嫌な目にも有った事がないからかもしれない。
せいぜいが、「ドイツ人バレーボール選手団に周囲を囲まれ、息苦しい」「農協の団体旅行に周囲を取り囲まれ、騒々しいのと何かが臭う」といった程度、つまりは、席を替わってもらったり、キャビンアテンダントにスプレーを撒いてもらったり、して何とかなる程度だ。
突然、ハイジャックされたり、緊急着陸したり、…近くに座っていた人が「娘が居ない!」と興奮して走り回るような事は体験していない。

したくありませんけど。

自分が設計した旅客機に一緒に乗った筈の娘の姿が見当たらず、いくら捜しても誰も「観ていない」と言い、機長以下全ての人々が「娘の存在」には懐疑的。
こんな状況で、娘を捜す母のヒステリック度はクレッシェンドする。
クレッシェンドの高まりが妖しく揺らめき、
「どっちに流れるのだ〜!」
と思わせる。

そこまでは、良い。

しかし、最終的には、失速してしまったこのフィルム、
「エアフォース・ワン」と共に飛行機映画の駄作として輝く。

不気味にもなれるし、爽やかにもなれる、こなす役の幅が広いピーター・サースガードは注目株。
悪役でないショーン・ビーンの魅力がこのフィルムを少し、救っている。
ジョディ・フォスター、ヒステリックな白人女性とその高慢さを演じてお見事である。

する事がないな〜、
暇だな〜、という夜に。
[PR]
by sheknows | 2006-07-13 12:18

CASANOVA

カサノバ
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ、オリヴァー・プラット、レナ・オリン
2005年 アメリカ

甘いものが嫌いかも、と
初めて思った、カサノバを観て。

字余り。

甘いものが好きだ。
何せ、我が輩は全国シュークリーム同好会理事である。
プリンも、チーズケーキもチョコレートケーキも、蜂蜜も、薔薇ジャムも、ミルクジャムも、マカロンも、ヒント・ミントも、あらゆるチョコレートも、抹茶パフェも、オーギョーチも、好きなんである。

だが、百戦錬磨の我が輩のこととて、奥行きの無い味にはもう飽きている。

…いや、そうでもないっす。
ジャンクな甘味の誘惑にも負けてしまいます。
要するに何でもいいんす、口に合えば。

で、
このフィルム、
甘いもの、やっぱり、嫌いかもしれん…。
カサノバというより…ただの若者。ヒース・レジャーは十分に魅力的ではあるけれども。
ジェレミー・アイアンズが滑稽さを纏うと痛々しいのは何故だろう。

ダイエットのお供に。
[PR]
by sheknows | 2006-07-08 22:24

SEVEN SWORDS

セブン・ソード
監督:ツイ・ハーク
出演:レオン・ライ、ドニー・イェン、チャーリー・ヤン、スン・ホンレイ、ルー・イー、キム・ソヨン、ラウ・カーリョン、チャン・チンチュー、タイ・リーウー、ダンカン・チョウ
2005年 香港

雄壮な精神を表す「武」。義を志す人物、
あるいは修行に身を置く剣士を意味する「侠」。
つまり「武侠」とは「武をもって高きを目指す生き様」を表す。

我が輩は、西部劇や時代劇、SFが好きだが、所謂「武侠映画」も好きなのだ。
誇り高い人々が伝説や神話の地に赴き、
謎めいた言葉や恐ろしい企みに惑いつつ、
志に向かって走る。
その、気高さ。
将に「英雄」。

c0032580_1957595.jpg


「ヒーロー」以降、武侠映画は変革著しいが、
これもまた、その変革的路線である。
七本の伝説の剣、描き切るには一本の映画では短い気がする。
一方で、この手のフィルムにはいつも思うが、
てんこ盛りにも程が有る。
が、何だか嫌いになれない、こういうの。
食べられない程盛りつけられた中華料理の皿がクルクル円盤テーブルで廻っている感じがちょっとする。

スン・ホンレイの鋭さは7剣士を喰う勢い。

さて、トロリと老酒でも飲みながら。
[PR]
by sheknows | 2006-07-01 23:41


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧