カテゴリ:お仕事( 22 )

問題棚上委員会の活動報告

段々と年度末への苛立ちがうつらうつらとした我が輩の仕事っぷりでも感じる今日この頃。
あくまで年度末であって、年末でない辺りが如何にもピントのずれた具合…いや、先取りしている感じだが、ここで問題棚上委員会の活動を振り返ってみよう。
c0032580_2042679.jpg


今年度の目標は「下手に注目されている事による被害を可能な限り食い止める」という事であり
それに沿って
・現状はカクカクシカジカであり、各部への折衝の後、検討致したく云々…
・関係者へのヒアリングを早急に行い、対処方法について具体案の策定を中心となって実行する委員会の設立に…
・たたき台を作成するにあたり、メンバーからの資料の提出を待っている…
など
割と良く有る感じの問題棚上げレベルに終始し、
更に効率の良い
・次年度以降の課題として…
というフレーズが未使用である事を鑑みるに、
若干の躊躇いが委員会には存在すると言える。

我々の活動により、無茶振り&思いつきオーダーに対する遅延や破談は水面下では見られており、成功案件としては前年度比で10パーセントアップしている。
我々は一般的に知られる存在とは言えないが、我々が安全対策室等と共に表立って活動する事は考えにくく、従って、今後も更に「明日や明後日、来年や次年度へうっちゃらかせるものはうっちゃらかす。」「今決めなくても良いものは、いつまでも決めなくても良い。」という確固たる信念に基づき、密かに大活躍していこうではないか。
何となく消滅していった怪しい案件の陰には同志諸君の並々ならぬ活躍があったものと我が輩は確信している。
ただし、決して、我々の存在が明かされる事があってはならないのだ。それを胆に銘じておいてくれたまえ。

あ、新加入希望ですか?

まあそれは良いとして、ミルクティーとアップルパイでもどうだね?
[PR]
by sheknows | 2011-11-26 13:19 | お仕事

問題棚上げ委員会

天職、と思いながら仕事をしている訳ではもちろんないが
ただのサラリーマンとも思っていない、
つまり、最大公約数に分類される小生、
この度、問題棚上げ委員会総本部に参入。
ふふ。
発揮してやるぜ、俺の問題棚上げ力を!
観るが良い、なす術も無く!!

大体からして、仕事中にモンティパイソンネタが頭の中をグルグルしているんですねぇ。
はい、まあ、…そういう感じです。

え〜、さて。
始まるよ!
[PR]
by sheknows | 2011-05-13 17:00 | お仕事

ジョーカー

やばい、自ら罠に嵌ってしまった…。
阿呆、阿呆、我が輩の阿呆〜〜〜!

あっきませんな。

どうせ仕事が増えるなら、
他人の名前ではやりたく無い。
ま、エゴです。そうです。
わたくしがやった事には自分で責任取りますわ。
他人の褌で相撲を取るような真似は、…楽だけどね。
逃げられるから、でも、イヤラシいドロドロになるのが予測がつくもんでね。
と、人の差配に口を出した報いだね。
あ〜あ。

ババ抜きに負けた。
初めから見えている事ではあったが。

はあ。

と溜息まじりに外を眺めると雪が。

暖かい所でのほほ〜んとしよ。
美味しい珈琲か紅茶かお酒か…いずれかを飲んで。

さ、ローラー台でもするか。
[PR]
by sheknows | 2010-03-29 22:01 | お仕事

呼び出し

久々に上司の呼び出し。
業務終了後来い、と。
…来た。
いらっしゃいました。
また、異動ですかね。
しんどくない仕事は無いが、そんなに負荷をかけて頂かなくても良いのに。
毎年異動していると飽きないけど、肩たたきっていう可能性が濃厚と考えるのが普通だし。

ええぃ、取り敢えず行くか。

コンコン。失礼します。
はい、…
…はあ、
あ〜。

…ぎょえ〜!!
それはご無体な!
異動の方がマシやんか、という事態を告げられてしまいました。
あ〜、そうですか〜。
参ったな。
ありがた迷惑。

自宅に帰ったら帰ったで
Macはカーネルパニック炸裂。
あかん、今日は。

ローラー台で発散しよ。

………………………………………………

一枚づつギアを重くしながら15:45インターバル10本
グラニーギアスプリント
片足ペダリング
以上で50分

途中で炊飯器が配達された。
いえ〜い、明日っから美味しいご飯が食べられるぞ!

ん?
米が無い!!
[PR]
by sheknows | 2010-03-25 20:46 | お仕事

翻す人達

我が輩の仕事の一つに「緊急ダイヤル」受付というのがあって、
日曜日だろうが、何だろうが、
意味不明な電話が掛かって来る事がある。
意味不明って言っちゃいかんな、
まあその、何と言うか、…
混乱した状態で
感情をぶつけてくるような話し方や
名乗りもせずに、要件をまくしたてる人の対応をする訳だ。

正直に申し上げて、
自分が同じような境遇になったら、
ちゃんと説明出来るという自信はない。

しかし、
世の中、色んな人がいるね〜、と
思い知る事が多々ある。
あれやこれやと悩むのは仕方が無いが、
それにより関係者は振り回される。相当。
やむを得ないやむを得ない。
魚鳥木魚鳥木…。

いや、実際、相当ストレスになる。
そのせいで人としゃべるのがしんどい気分になる事も多いのだ。

今日はまさにそんな日で
そんな気分を断ち切るために
ジムに行って来た。

身体を動かせば、消えるかと思ったが、
精神的な澱は淀んでさらに重く沈んでしまった。

は〜、何てこったい。
[PR]
by sheknows | 2010-01-18 23:56 | お仕事

ちょっと忙しい

4月に異動があってから、仕事に関して何となく軽かった。
部下を抱えない身は、軽い。
事業所の浮沈をかけて、とか無いし。
意に沿わない事を、さも自分が考えているかのように説明する必要も無いし。
素人面して「分からない」と言えるし。
ストレス度低い。
そして暇。

…最高やん、早う帰って自転車乗ろう。

そんな感じの日々を過ごして来たのに。
あかん、忙しくなってきた。

しかしだ、一旦楽々モードを経験すると、もうツメツメで仕事をする事が出来ない。
少なくとも残業に関して、リミッターが効き過ぎる位効いている。

ちゅうわけで、
今日も仕事はそこそこに、帰宅。
明日でも良い事は今日しない。

そして、カンチェラーラ練。
息を止めての8秒間スプリントの繰り返し。
合間は110回転。
ちょっと踏み込みの力の具合が今ひとつでペダリングがガクガクしている。
45キロしか出てへんし、あきませんね〜。
縦振りの練習でもしませんとね。
[PR]
by sheknows | 2009-09-03 22:01 | お仕事

忘年会

我が輩は、
宴会があまり好きではない。
好きな人の方が少ないとは思うが。

しかし、
忘年会とか新年会とか
やらないと収まりがつかないという感覚がどうしても根強くあるらしく、
全く行かない、という程の根性もないので、
やむを得ずいくつか行く事になる。

こう云う時はビールしか飲まないが、
すすめられるまま飲んでいるとドンドン飲む事になるので、
適当にすすめる側に廻る事にしている。

まあ、そういう訳で、今夜も
「かんぱ〜い。」なのだ。
[PR]
by sheknows | 2006-12-22 10:35 | お仕事

昼寝

サラリーマンなのだし、サボるというのは重要な技である。
が、サボるのは目立ってはイケナイ。
バレてもイケナイ。

ゆっくり仕事を片付けても
早くやっちまっても
毎日帰宅は深夜になる、
そんな毎日で
突如眠気が襲いかかる。
今寝ると決定的に拙いという時に。
例えば、新規スタッフの採用面接中、
新規顧客の話を聞いている真っ最中。
大体話が面白くないなと思った時点で危ない。
そして、この後幹部ミーティングが控えており、
危険度は高い。

で、ポッカリ浮いた1時間。

と、来れば、
もう、寝るしかない。
寺の裏手の誰も来ない所に車を停めて、
「ちと寝よか」
「…え?」
「眠いし、仮眠を取るぞ、今から45分後に移動開始!では〜…zzzzzzz」
「は〜…」


ビリビリビリ〜っと目覚ましが鳴る。

ヘックシンヘックシン、
やっぱりこんな時期に毛布も無く寝ては寒いのう〜。
コーヒーでも飲むとしよう。
おや、君も欲しいのか、そうか。ふ〜ん。


あ、ミーティング?
ちゃんと出ましたよ、スカッとバシッと。
おっふぉっふぉ。
[PR]
by sheknows | 2006-10-27 22:32 | お仕事

しょうもない…

我が輩は携帯電話を所有していない。
変人扱いされるが、
持ちたくないので持たない。

しかし、それだと、困るらしく
会社が寄越した物がある。
休みの日も、時折ピリピリなって鬱陶しい。
大体が休み明けで十分間に合う事だし、
我が輩に連絡しないと対処出来ない事なんて殆どない。
大抵が、ちょっと考えれば解決出来る問題の答えを
当たり前のように一々確認するのだ。

本日も夜分になって
我が輩に電話をしてきた部下Z
「あの〜、帰る時はボイラーのスイッチ切るんでしたっけ?」
…、君は何年その部署で仕事してるんだっけ?

彼はいつも非常に詰らない電話を当然のように我が輩にしてくる。
揚げ句の果てに
「冷たい声で対応しないで下さいよ〜」
と来たもんだ。

本人は至極忠実なつもりでいるのが、
また馬鹿らしい。
煩わしい。
は〜、しょうもな。

携帯電話はそういうわけで、嫌いなのだ。
もう電源切っちゃおう。
おっふぉっふぉ。
[PR]
by sheknows | 2006-09-08 00:08 | お仕事

この道は…

当初の目的を見失って迷走するプロジェクトに関わるのは苦痛だ。
何の為のものなのか、何を目指しているのかが共有出来ていないプロジェクトに関わるのは苦痛だ。
自分がどういう役割で何をするべきなのかをメンバーや指揮官が分からないプロジェクトに関わるのは苦痛だ。

指揮官は誰なのか、誰に決定権があって、どのように誰がどの部分に責任があって、どうやって決めるのか、はっきりしないままの中途半端な仕事は、結局費やした労力や時間を無駄にする事はあっても、達成感も無ければ充実感も無い。
皆で考えて皆で決める、というのは同じレベルで話し合いが出来て初めて成立するのだと思うが、えてして、衆愚的になりがちで、そうなるともう話しがもつれて、無意味な気まずい時間と比例して面倒な事が増えて行く。

どっかで観たよな、こういうの。前にもあったよな、こういうの。
そしていつも嫌な気分になりつつ、人のせいにするのも潔くない気がしてやるだけはやるが、結局、高見の見物を決め込む人々が賢かった、という事になったりする。何も発言しない事が賢明に思えるミーティング、費やす時間と労力が虚しく流れて行く。
このプロジェクトが成功しても自分たちの仕事量は増える事が見えてきて、タイミングの選択を誤っており、手法も不可思議である事が分かって来る。上司は軌道修正するのが自分の負けであるかのように思っている。
そして失敗したら、…沈んで行くだけだ。濁流に。その様子を指揮官は岸から見ていて、「ちょっと強引な作戦でしたかね、ははは」なんて言っている。そんな感じ。

泥船と分かっていても乗り込まなくてはならない、カチカチ山の狸の額には脂汗が流れる、の図である。
泥船に乗るか乗らないかの選択権は既に無く、乗ってどう生き残るか、だな。ここから先は。まともにやっても駄目だしな。

焦って突っ走る上司には、周りの疑問や戸惑いが自分を攻撃しているように思えるのだろうか。プロジェクトの規模が大きければ大きい程、目的や使命感を共有させる事や脇道に逸れている時に軌道を修正する事がプロジェクトを取りまとめる立場の人間にとっては重要な事ではないかと思うのだが、違うのだろうか。

どっちにせよある程度の成功を収めたら上司はさっさと自分の手柄にするんだし、面倒くさい手間のかかる部分は「お前らに任せた」とか言って金も払わなきゃ手伝いも出来ないんだから、おいら達のケツを引っ叩くだけなんてやり方は詰らないんだよ〜。
もうちっとバリエーションのある「飴と鞭」を求める!!
…方向性が違いますかな?

橋のない濁流を向こう岸まで渡る方法を考えよう。
初めの目的に立ち返ろう。何の為の労力なのか、考えよう。
人任せで乗り切れる局面で無い事位は分かっているんだ。

組織で使われている身分である以上、こういう鬱陶しい話しは頻繁にあり、腹に溜まるものもあるが、あまり仕事が終わってから考えるのは止めておこう。余計にクサクサする。
[PR]
by sheknows | 2005-06-10 11:27 | お仕事


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧