カテゴリ:音楽( 16 )

21guns

今更乍らGreen day
何度も耳にした事があるこの曲。
今の我が輩の気分にピッタリ。
you're in ruins…
歌詞が妙にずしりと入って来る。

American idiotがブロードウェイで掛かる日も近いらしい。
キャストと録ったバージョンが良いねぃ。
c0032580_2065968.jpg
本日は90キロ弱の山岳コース。
手作り補給食持参してみたが、いいね、買うより断然美味しいし。
若干喰いにくいので改良が必要だ。
それにしても、陽気にあてられてか、集中力を欠く走りであった。
TT3本とも中途半端だったし、あまつさえ歌唄ってたものな。
登りも追い込まないで終わってしまった。
しかし、唯一の収穫は、
回転を意識して走る時に自分の思っているギアより1枚、下手したら2枚軽く出来る。
スピードを保って。
ちょっと魔法みたい。
単に普段重いギア踏み過ぎてるんす、要は。

ダム付近はマラソン大会とかで通れず、
ある程度平地を走りたいが為に、
峠を越えて
TTして
また峠を越えて(あ、天狗の出る峠は工事完了して走り易かった!)
人に勧められた桜観て帰って来た。
平均時速23.3キロ。
あはは〜、峠のせいにしておこう。
いやはや、そうに違いない。
最後のダッシュ3本で登り頂上で時速30キロに到達できたのは良いとして
平地は時速42キロまでしか出ず。
今週末はクリテリウムレースなのだがな…詠嘆。
[PR]
by sheknows | 2010-04-25 18:47 | 音楽

love me or leave me

ニーナ・シモンの歌声は魔法のように、染み渡る。
苛々してしわくちゃになった感情に。
薄っぺらくて嫌な気分に。
何かに取り憑かれたように突っ走ってきた疲労感に。

などと思い乍ら毎回聞く訳ではないが、
極、たまに、そういう風に思う。

いくつも好きな歌があるけれど、本日は、美空ひばりもレコーディングした事があるこの曲。
c0032580_1724638.jpg


110キロを平均時速22.6キロで走るというのは、
つまり、4時間50分、自転車に乗り続けるっちゅうことだ。
六丁・神明の山岳コースの後は
ダムの横をだだ〜ッと将に「高速域」をキープしながら足を止めずに120rpmキープ。
いつもの赤橋まで平坦スピード練をしながらぐるっと廻り、
ひ〜こら言い乍ら登りインターバル30:90を5本。
最後の藁である、帰宅直前の峠を「おえ」と言いつつ終えた。
敗因分析:後半タレ過ぎでしたな。
大腿から臀部にかけて、あと腹筋がお疲れです。

昨日はあんなに寒いサムイ、と思っていたのに、
今日は暑かった。顔がしおしおになっていた。
本当はこの後、出かけないといけないが、もう断念。動きたくねぃ。
明後日も暑そうだが、調子が良いので走っておきたい。

ロンド・ファン・フラーンデレン2010だしね、今晩。
デヴォルデルよりボーネン。
フットオンセルヴェットの股引ジャージ久々に見る。
チームスカイってやはり豪華キャストですな。
ジルベールは春の調子はどうなん?
イワノフは出るポッツァートは出ない(残念だねぃウィルス性胃腸炎とは)。
カヴェンディッシュとアームストロングは最後残れるのか?
カンチェラーラ、当然相当狙ってるチーム編成。
BMCはバッランで来るのですね、ヒンカピーかと思っていたが。
天気も悪そうで、何よりだ。ふふふ。
[PR]
by sheknows | 2010-04-04 17:25 | 音楽

Strangers in the night

頭の中をグルグルグルとメロディーが回るが、
何つうタイトルか、
誰の曲か、勿論歌詞も、
あああああ、分からん、分からんがこのメロディー、わあああああ!!!!何?なんつう曲???

今朝はこの感じに付きまとわれ、周囲に「ほらほらこの曲なんだっけ?」と唄ってみせて、答えをくれるようなスーパー物知りマンが居ないため、煩悶しつつネット検索。
えええええっと、ああああああああっと、もどかしい、Macに唄って聞かせてそれで調べが付いたらいいのに…くそぅ。
…in the nightって唄っていたような〜〜〜、dancing in the nightかな?違うな〜、と調べに調べ、
やっと判明した時には、嬉しかった。
で、それが、Frank SinatraのStrangers in the night。
好きか嫌いか、という問題ではなく、発見した勢いにのり i tunesで購入。
シュープリームスのも買ってしまった。
ついでにNat king coleのQuizas, Quizas, Quizasなんかも。

…昼やんか、もう。
今日は走りに出ようと思っていたが、雨。
寒いし風吹いてるし、行きたくないな〜。
乗れている時には、寒かろうが風が吹こうが、雨だろうが走るんだが、
どうもスイッチオフ状態。出る気にならん。
ロードの引きこもり?

…笑えん。

--------------------------
降ったり止んだりしている間に外に出て走るタイミングを失った。
パリ〜ニース2009の第4ステージを観た。
スリリングな要素がてんこ盛りで面白いねぃ。

アウターインターバル12本:徐々に重くしつつ。
インナー回転インターバル10本:徐々に重くしつつ。
頭真っ白、酸欠で転げ落ちそうに2回なってしもた。
片足ペダリング中にワット数を意識的にチェック。
やはり!
左足がワット数下がる。
踏めてないし、回せてない。
左足が強くなれば、底上げ出来る筈。
まあ、身体のバランス軸もねじれているようなので、そんな簡単には行かないが、しかし、そっち方向を目指すという事。
[PR]
by sheknows | 2010-03-04 12:11 | 音楽

Don't get me wrong

プリテンダーズの他の曲は知らない。
この曲は、「あの頃」を連れて来る。
それが素敵な時もあれば、
居たたまれない時もあるが。

本当は我が輩はこういう曲を聴きながら
ドライブに行くべきである、今日のような秋晴れの日には。

しかし、乗り物は今日もロードレーサー。
38キロ巡航を目指して(己の実力を知っているので40キロとは言わない)いつもの山へ。
冬には走れない峠に行こうかと考えながら向かい風の中を走る。
が、途中で食べたイチジクジェラートが高い割にどうという事もないのにやる気を無くし、
ダム湖へ進路変更。
ダンシング・シッティングの15回転刻みと、2分間インターバル
緩い登りでは片足ペダリング
平坦は38キロ巡航を目指す。無理やったけど。
大臀筋?が疲労。膝を振ってペダリングしているのかまだ膝が痛む。

必死で走っている時にはあんまり何かを考えたりしていない。
…いや、待て。
そうでもない。
色々考えている気がする。
そういえば、もの凄く良い考えが浮かぶ事もある。
何故か自転車下りると忘れているのだけど。
歌なんか唄ってるときも有るし。
今日はそう、
その「Don't get me wrong」であった。
秋の田園風景を走りながら。
[PR]
by sheknows | 2009-09-10 18:15 | 音楽

superwoman

自分が送別会の主賓になってしもたり、
歓迎会の主賓になってしもたり、
ここ暫くは宴会が続く事が予測される。

今までの部署には愛着も思い入れもありはするが、
何度も異動していると、
スイッチ切り替えのタイミングを間違えなければ、何とかなると知っている。
無駄な執着はしない。
次の事を考えるだけだ。
先は長い、体力気力温存、様子観察。

ま、簡単に言うと、
当分「仕事せん」、っちゅう事でもある。アウェーやし。
だって鬱陶しいでっしゃろ、やる気満々でムキムキに来られたら。
c0032580_18313818.jpg

とはいえ、
こんな曲を聴きながら、走っていたりする。
ええですね、Alicia Keys。他の曲は知りませんが。

色々あれども、走るべし。
そんな人に。
[PR]
by sheknows | 2009-03-31 18:32 | 音楽

JAZZ & STANDARDS

c0032580_11431627.jpg跳ねすぎない
弾けすぎない
粘りすぎない
素敵なこのジャズは、誰?と思ったら
美空ひばり。

英語が話せる訳ではなかったらしいが、
唄の数々を聞けば
この希有の歌手にはどうでも良い事だったのだと思わせる。

いや、良いです、素敵です。
小生が気に入っているのは
4曲目のLover, come back to me

冬の日の寒さを窓越しに見ながら。
[PR]
by sheknows | 2008-02-08 11:44 | 音楽

RYDEEN 79/07

雷電 79/07
イエロー・マジック・オーケストラ

ライディ−ン
草原を駆け抜ける馬上の人を眼で見送る
次第に小さくなるその姿を

馬上の人が翔る
その先を
共に見ているような錯覚が


彼方に
走り抜けた風景を
思い起こす

この曲を聞きながら。

アルバム、出さないのかな。
[PR]
by sheknows | 2007-02-11 11:03 | 音楽

TRAVELING WILBURYS

トラヴェリング・ウィルベリーズ
c0032580_21262034.jpg
やけに明るい朝。
何となく全体的に煌めいている。


危険な予感。
カーテンを思い切りよく開ける。

…やっぱり。
雪景色なのだ。

え〜い。
もう今日の予定は全て変更。
暖かい部屋の中でビールを飲んで過ごす事にします。
ビ−ルは琥珀ヱビス。
そういえば、
このアルバム発売当時からヱビスビール、よく飲んでいたな〜。

1988年発売
ジョージ・ハリスン、ボブ・ディラン、ジェフ・リン、トム・ペティ、ロイ・オービソンという恐るべき5人のギタリストによるアルバム。
何と言っても
Handle with careが小生は好きだ。
[PR]
by sheknows | 2007-01-07 21:36 | 音楽

UNDERCURRENT BILL EVANS / JIM HALL

アンダーカレント
ビル・エヴァンス、ジム・ホール
c0032580_1117329.jpg
寒い部屋から出ても、
曇りが続く、外も寒い。

少しだけ暖めた部屋の中で、
今日は何もしない。
アレも、
コレも、
本当はしなくてはならないのだが、
この一日の無為が、
後からボディブローのように効いて来るのが分かっていても,
今日は建設的な事は何もしない。

珈琲でもいれますかね。

昨日届いたばかりのCDをかけて。

お、

これ…


持ってるやん。
何でジャケットの色が違いますの?
あう〜。


だとしても、
二人の音の素敵さが減る訳では無し。
[PR]
by sheknows | 2006-12-24 11:17 | 音楽

a point of view

BOBBY COLE

おお、かっこエエ。
文句無し。
このアルバム、凄くいい。
c0032580_20161886.jpg

ジャズヴォーカル・ピアノのボビー・コール、残された唯一のアルバム。

店先で試聴しても、すぐに分かる、抜きん出た格好良さ。
一言でいうと、
「男前」。

取り寄せなされ、聞きなされ。
やさぐれた感じがたまらない。

夏の終わり頃、だらりとビールを飲みながら。
ピンクのシャンペンではなく。
[PR]
by sheknows | 2006-08-22 20:16 | 音楽


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧