カテゴリ:美味しいもの( 44 )

シュークリーム

実は我が輩は全日本シュークリーム同好会の理事である。
業務内容は、様々な菓子屋で必ずシュークリームを買ってみて、食し、シュークリームを基準にしてどういう店かどんなジャンルかを判断し分類するのだ。
シュークリームを基準にする、というのはやってみて分かったが、かなり便利で適切である。アイテムとしては必ず売っているし、値段も知れている。ずっしり感の有り過ぎるチョコレートケーキなどとは違って、2〜3個食べても胃もたれしない。しかし、菓子屋の実力は、はっきり分かる。下手なケーキ屋より美味しいシュークリームを売るパン屋があったり、中に詰め込めばいいってもんじゃないだろう的何でも突っ込み系もあり、コンビニでも、高級洋菓子店でも、下手すりゃ和菓子屋にもあったりする。何せバラエティーに富んでいる。

邪道系も時と場合によっては、美味しく感じる事もある。(プリンが入っているヤツなんて、ゲホゲホ言う人もいるが、あのジャンクっぽさが猛烈に魅力的な瞬間、ありますやろ?どっちかにせ〜よ、と思いながら、抹茶・小倉シュークリームが食べたくなる事もあるしね。最近多いのは、胡麻系やんね。あんまり美味しいとは思わんけど。)
基本的には、香りの良いぱりっとしたシュー皮と、バニラビーンズの入ったカスタードクリームの組み合わせで、非常にシンプルなお菓子。奇をてらわず、普通に何気なく美味しいのがポイントを稼ぐ。当たり前の事を当たり前にするのが一番難しいのだ。

今日も4つを試食。然れども、特筆するべき点無し。
取り敢えず、もう晩ご飯は要りません。
[PR]
by sheknows | 2005-02-07 19:03 | 美味しいもの

チョコレート

チョコレートの食べ過ぎは、露骨に顔に現れる。
大人は一箱一気に食べたり、
立ったまま食べたり、
他の事をしながら食べたり…、
そういう事はしない。
一粒をゆっくり味わって食べると、
顔にブツっと、吹き出物を作る事はない、らしい。

そんな事はさておき、
バレンタインデーが近くなると、この世で手に入る最高の美味しいチョコレートが世界中からやってきて店先に並ぶ。仲々に魅惑的である。つやつやの美しいチョコレート。パッケージも凝ったもの、高級感あふれるものから、「キュート」なものまで色とりどり。
もの凄い人ごみの中で買い求めるチョコレートは、当然自分用。バレンタインデーに貰う物もあるけれど、狙いのチョコレートが貰える訳ではないし。

今年は兵庫県西宮市のケーキハウス ツマガリ のモノを購入。ここのケーキは美味しい。チョコレート類は買った事がないけれど、多分美味しいだろう。色々買ったが中でも「キルシュ・チョコレート」が楽しみだ。

美味しいコーヒーとチョコレートで、離脱しよう。
何から?
疲労から、苛立ちから、美味しくない日常から…。
[PR]
by sheknows | 2005-02-07 04:57 | 美味しいもの

ジャスミンティー

我が輩は全国ジャスミンティー愛好会会長なんである。世界のジャスミンティーを特派員から取り寄せ、日夜研究し、分析、成果としての美味いジャスミンティーを楽しむのが主な任務であり、結構忙しい。
イギリスに行くと、お茶を探し歩き、中華街に行ったら真っ先に中国茶の専門店に飛び込む。台湾に旅行に行くという同僚をとらまえては「ジャスミンティーをお土産に買ってこい」と指令を出し、はたまた中国と往復する仕事をしている友人には「極上のジャスミンティーを仕入れてくれ」と依頼するのである。
そうこうしている内に、不思議とジャスミンティー各種が揃ってしまう。しかもかなり上物ばかり。一般にはジャスミンティーは安物、というイメージが強いようだが、驚くような値段のついたモノがあり、そういうものは多分とても手間をかけて作られている。ただし、値が張るからと言って、美味いと感じるとは限らない。
容れ物の模様やパッケージの柄もとりどりである。しかし色使いは大体にして「緑に金」が主流なのが分かる。中国語で何やら書かれているが、恐らく「極上の云々…」といった事だろう、という程度しか分からない。
しかし、味・香りの違いは、分かる。香りがよく美味しいジャスミンティーであればある程、この世の憂さから瞬時にして解き放たれ、眉間に寄っていた皺も消え、飲み干した後にはアルカイックスマイルが可能になる。是を以て、基準とし、ジャスミンティーを分類する訳だ。
中国特派員から入手した極上のジャスミンティーがダントツ。深い悩みや悲しみにも効く。
イギリスで購入したものは香りが人工的でいけない。喉の乾きには効くが。
そんな具合の分類であり、我が輩にはすこぶる重要だが、他の人には何の役にも立たないに違いない。
[PR]
by sheknows | 2005-01-21 15:11 | 美味しいもの

珈琲

 知り合いから焙煎したてのコーヒー豆を契約購入して宅配してもらっているので、毎日美味しいコーヒーを飲んでいる、と自分では思っている。
 けれど、雪深い場所に焙煎人が住んでいるので、1月2月は配達が休みになる模様。
 やむを得ず、その辺のスーパーに売っている豆を買ってみた。
 まあそんなに特別不味いという事はありません。不味いものって売ってませんもんね、基本的には。不味いものってわざわざ探さなくてはならない位で。
 
 しかし、同時にどこでも手に入るモノは特別美味しいという訳ではないです。
 自分の好みに合わせて焼いてくれる豆を挽いて飲むのがやっぱり幸せ。わがままが言える特別感が大切、重要。夏場は中深、其れ以外は中焼きで。豆は何々がいい、な〜んて分かったような事を言ってるけど、実はあまり良くわからない。美味しくコーヒーを抽れるのはコツがいるらしい。紅茶と違って熱湯でドボドボやらない、など。
 逆に基本ルールを守っていれば、まあまあのコーヒーが自分でも抽れられるもののようです。
 
[PR]
by sheknows | 2005-01-14 17:23 | 美味しいもの


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧