カテゴリ:美味しいもの( 44 )

あくまき

上司の実家が九州で、そこから送って来てもらった「あくまき」を頂いた。
端午の節句にちなんだお菓子で、鹿児島県では「ちまき」ではなく、「あくまき」。一般的なものらしい。
丁寧に竹の皮に包んであって、ずっしり重い。
茶褐色のぶよぶよした棒状のものを食べやすい大きさに切って、きな粉や黒糖をまぶして食べる。それ自体は甘みはない。
この物体が何で出来ているのか、と思ったら、「竹を燃やした灰からとった灰汁(あく)に一晩浸したもち米を、竹の皮で包んで3時間煮込むと、べっこう色のあくまきの出来上がり。」らしい。
えらく手間のかかるものである。元々は保存食として作られていたものだそうだ。
「あくまき」の「あく」は灰汁なのだ。

九州出身の人はこれを食べるとふるさとを思い出す、のだろう。
小生にとっては異国の味わい。
元がもち米だから当たり前だが、妙に腹が膨れるのであまり沢山は食べられない。
少しをおいしい新茶で頂く、という方法が適しているようだ。
[PR]
by sheknows | 2005-05-06 02:29 | 美味しいもの

黒糖粽

仕事で大阪に出かけたついでに、デパートの地下で黒糖粽を買って帰った。
「重五の節供」と書いてあるが、何と読むのだろう?などと思いながら。

笹にくるまれた小振りな黒糖粽は葛で形をまとめてあって、
少し冷やしてから食べると、
ツルンと次々口に入っていってしまい、
あっという間に目の前から無くなる。
黒糖の風味と冷えた葛であっさりしていて、
餅ではない。米は使っていない。
趣のあるパッケージも好ましい。

滋賀県の彦根市に本店のある「たねや」
洋菓子も別チャンネルで作っているが、
和菓子がやはり美味しい。
御使いものにも美しく無駄のないパッケージのセンスが良く、
しかも美味しいと喜ばれる。

黒糖好きの小生の偏った好みかもしれないが、ベーシックな「末廣饅頭」は黒糖風味の皮(皮というのか?すみません、お許しを。)に甘さを控えたこしあんが入っているとても小さな饅頭。こういったものも当たり前のように美味しい。

また今度、次は何を、と美味しいものの並ぶ中をうろうろする小生の目元はいつになく鋭く、口元は、…たぶん笑っている。
[PR]
by sheknows | 2005-04-24 11:30 | 美味しいもの

ギネスビール

気がつけばセントパトリックスデイはとうの昔に終わってしまった。c0032580_075268.jpg
日本にも沢山のアイリッシュパブがあり、まともなギネスの飲める所があちこち出来ていて、嬉しい。あのトロリとして消えない泡は自宅では、悔しいが、どう頑張っても無理だ。
アイリッシュパブに出かけて出来ればだらだらしゃべったり本を読んだりしながら飲むのが一番。小料理屋などでギネスがメニューに載っていて、嬉しくなって注文すると、瓶入りが出て来てがっくりしてしまう。瓶入りを自分で注いでも、美味いと思う事はない。

黒い、苦い、濃い、のでラガービールやライトビールに慣れている人は「ビールとは思えない」と宣うが、同じ飲み物だと思わなければいいのだ。普段飲んでいるビールとは別物、ギネスはギネス。

ダブリンで飲んだギネスビールと後味が少し違う気がするが、10年ほども以前のことなのでかなり美化しているのかもしれない。ギネスとサンドイッチなんかのいい加減な食事も今となっては思い出深い。初めて行ったが、以前から知っている土地のように感じた。
いずれまた行きたいと思う場所の1つだ。
昼間のハッピータイムで人の少ないパブに座ってギネスを飲んで、しばし再びのアイルランド旅行を夢見る。
[PR]
by sheknows | 2005-04-15 00:08 | 美味しいもの

ヨーグルト

このブログで、花粉症の事を以前書いたが、
その時にヨーグルトを毎日食べると症状が改善するらしい、と
教えて頂いた。
それから、毎日食べている。
取り敢えず毎日。
朝自宅で食べるときもあれば、
昼職場で食べることもあり、
夜寝る前に食べることもある。
ブルーベリー入り、ナタデココ入り、アロエ入り、ムース入り、林檎入り、パッションフルーツ入り、イチゴ入り、イチゴ&練乳入り…。
改めて連続購入していると、ヨーグルトと一口に言っても色々なものが市販されている事に気がつく。手を変え品を変え、という感じ。
しかし、プレーンが一番食べやすい。
甘みは不要。
ヨーグルトの旨味だけで十分食べられる。
と、いうのは単に果物を添えたり蜂蜜を掛けたりするのが面倒な言い訳かもしれないが、
何も考えずに食べ続けるにはプレーンが一番よい、という事にしておこう。

スーパーマーケットに行くと先ず、ヨーグルトを掴んで何個かを篭に入れる。
その時にあれこれ見るのは楽しいが、結局ほとんどがプレーンヨーグルトの500グラム入り。

ヨーグルトを使った料理なども実は色々あるようだが、
タンドリーチキン位しか実際には作った事が無い。
(タンドリーチキンは美味いですよ、ご自宅メニューにお勧めです)
ひたすらプレーンヨーグルトを食べ続ける日々が続く。

それにしても、ヨーグルトで花粉症は改善したのか?
答えが出るのはいつなのか、分からないまま食べ続ける。
[PR]
by sheknows | 2005-04-08 11:57 | 美味しいもの

あ〜、昨日は飲み過ぎた…。
という朝は水が美味い。

「水!水くれぃ」という具体的かつ直線的な欲求が目覚めと同時にわき起こる。
よろめきつつ冷蔵庫から水を出して飲む。
飲む、飲む、飲む。
この場合、水はなんでもいい。
特別甘露な水でなくて良い。
別に水道水でも構わぬ。
冷たくしゃきっとしていれば、十分である。

水を飲み過ぎて腹がタポタポになる。
然る後、シャワーをゆっくり浴びて本格的に昨晩の余韻から脱出する。

これは、いわゆる「酔い覚めの水」というモノなのだな、と
ぼんやりと思うのはシャワーから出て、また水を飲みながら、である。
若干の頭痛と酔い覚めの水。

昨夜は何を飲んだか覚えている?
昨夜の会話はまだ覚えている?
どうやって帰って来たか覚えている?
誰と何処に行ったか覚えている?

…むむむ。
[PR]
by sheknows | 2005-03-27 12:59 | 美味しいもの

キームン

中国で仕事をしている友人からキームンをお土産に買って来てもらった。
c0032580_19595732.jpg
中国は全ての茶の発祥の地。
現在は中国茶全生産量の70%は緑茶になり、
残りが烏龍茶と紅茶になっている。
中国の紅茶の代表格に当たるのが、キームン(キーマンとも言う)。
蘭の香りとスモーキーフレーバーが特徴の水色明るい紅茶で、ストレートで飲む。
生産期間が短く、生産量が多くないせいか若干高価。
ヨーロッパの王侯貴族に「エキゾチック」であると珍重されてきた。
が、現在は小生も気軽に楽しめるお値段である。

今回は観光客用、お土産用のお茶屋ではなく、
家庭用のお店で購入してくれたらしい。
わら半紙に店の名前が赤でプリントしてある紙が正方形になっていて、
それを開けるともう一枚無地のわら半紙でキームンのお茶の葉が包んである。
香りも、風味も落ちますやんか…。
と思うけれど、家庭で普段美味しく飲むお茶にはこれぐらいのいい加減さがあってもいいかもしれない。
堅苦しく考えずに、気楽に。

事は紅茶に限らず、
ベストな方法・状況を執り行う必要がある場合を除けば、
あまり必死で「正しい」やり方にこだわらなくてもいいように思う。
正統派と呼ばれるやり方と考え方を知って、それが一通り出来るならば、
他のやり方や考え方に触れて
自分のモノにしていく、深めていく事が出来る。
1つの方法しか出来ないなんて、詰らない。

…おや、堅苦しくならずに、と思っていたのに話題が硬い。
届いたばかりのキームンでも飲んで螺子を緩めよう。
[PR]
by sheknows | 2005-03-11 20:01 | 美味しいもの

ロールケーキ

今日食べたロールケーキは、
薄いスポンジ生地が二重に巻いてある真ん中に
こくのあるクリーム、イチゴ。
そして求肥と小豆がチラリホラリ。
その名も「春ロール」。

スポンジに「春」と大きく、小さく店の名前が焼き印で押してある。

3切れ分位を切らずに売っている。
それを一人で頂く。

あ〜、美味しい。
こういうケーキには蓮の花の香りがする紅茶が合うな。
[PR]
by sheknows | 2005-03-07 00:01 | 美味しいもの

バナナケーキ

どうも最近甘いものばかり食べている。
気候の変わり目のせい、…?
多分違う。

今日はバナナケーキを焼く。
バナナを潰してブランデーをかけ、
小麦粉とベーキングパウダーとアニス、シナモン、くるみ、バターと卵を混ぜる。
少しだけミルクを入れる。

オーブンは無いが、ケーキは焼ける。
トースターで軽く焼いて、レンジで蒸し焼き(?)、再びトースターで焼き目を付ける。
知らない人にはオーブン無しで焼いたとは分からない。

熱い内より粗熱が取れてからのほうが美味い。
少しの辛抱。
味見をすると、我ながら仲々の出来である。

洋菓子を作るのは、
表現として適切かどうかよくわからないが、
化学の実験と似ている。
道具も、分量も、ある程度きちんとしていないと
いつもに増して狙い通りにならない。
普段食べるものを作る時の適当さ、いい加減さを発揮すると
膨らまなかったり、テクスチャーが全く違ったりしてしまう。
それはそれ、と思えない程酷い事になる場合もある。

今回は良く出来た部類に入る。
ゆっくり紅茶でもいれよう。
[PR]
by sheknows | 2005-02-28 01:54 | 美味しいもの

プリン

仕事が終わってからの時間で
週に一回、相方に講義をしている。
相方は自分は甘い物を食べないのに、
気遣って差し入れを持って来てくれる。
昨日はプリンだった。

晩ご飯もなしで、講義を始めるため、
実はお腹が減っているのだが、
時間が惜しいのと、資料や道具がないと説明出来ないので、やむを得ない。
相方は空腹という感覚がないかのように澄ました顔をしている。
ジャスミンティーを何杯も飲むだけだ。

11時過ぎまで講義は続く。
出来る限りの説明をして、質問を受けて、
丁寧に1つ1つの理解を深めていく。
こっちもフル回転なのである。

夜中に食べるプリン。
特別な物ではないのだが、感覚が鋭くなっているので、
妙に美味い。
昔食べたプリンの味が少しした。
[PR]
by sheknows | 2005-02-25 16:06 | 美味しいもの

黒蜜クッキー

小腹が空いて、何か甘いものが食べたくなったので、
クッキーを作る事にした。

冷蔵庫を見てみると、
いつもの事だが、何もない。
…あ、黒蜜があった。
一体いつから鎮座しているのやら分からぬ代物だが、まあ、良い。
今日のクッキーはこれで風味を足してみよう。
あ〜、葛粉もついでに入れてみよう。

焼き上がりを待つのももどかしい。
熱い内に食べるより、粗熱を取ってから食べるほうが美味いのだが、
つまみ食いをする。

美味いが普通のクッキーだ。
あらら、黒蜜の風味なんてありゃしない。
量が少なかったかな?
葛粉を入れたが、若干通常よりサクサクしている程度である。
何か特別変わった食感がある訳ではない。

意図を考えると失敗だ。
だが、美味いクッキーを食べよう、という初期の目的は達成。

ふがふが言いながら食べていたら、
平らげてしまった。
さ、コーヒー落としてのんびり映画でも見よう。
[PR]
by sheknows | 2005-02-20 15:06 | 美味しいもの


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧