カテゴリ:ロードレーサー達( 11 )

2011シクロクロス全日本選手権

筋肉痛に苦しみつつ、早朝から始動。
本日はシクロクロス全日本選手権を観に出かけた。

マキノ高原に作られた斜面を利用したコースは休み所も勿論無ければ、抜く所もほぼ無し。
エゲツナクエゲツナイ。
c0032580_2172221.jpg

マスターは三船監督優勝。
大人げない大人げないといじられていたが、勝ち負けに大人も何もありゃせんわな。

女子は豊岡選手。
二位の選手が悔し泣き。豊岡選手もコメントを述べながら胸が一杯になった模様で落涙。同じ涙でも、違う種類。

そして、スタートからオトロしいスピードで度肝を抜く男子エリートカテゴリー。
速さが違う。
c0032580_2165350.jpg

序盤から先頭は竹之内悠と辻浦圭一の二人。
所謂一騎打ち。
痺れるね。
c0032580_20534941.jpg

最終周回、辻浦選手の張りつめた糸が切れた瞬間、勝負が決まった。
ゴールの時には花火もババーンと上がった。
見応えのあるレースだった。

そしてアイアシュッケというドイツ菓子を求めて、うほほと帰宅。
濃厚なチーズケーキが好きな方は、是非。
紅茶はキームンが良いですね。
[PR]
by sheknows | 2011-12-11 21:12 | ロードレーサー達

ロードレースですよ

はるはあけぼの、異動の季節。
小生も今回網にかかった魚のように持って行かれる事になり申した。
あ〜あ〜。

まあ、雇われものにはつきもので仕方がないのですが、疲労します。
部下も異動で、そっちのフォローもしつつ、
4月以降、新たなステージに突入する訳です。

そして一方で、ロードレースのシーズンが開けております。
今年はランス・アームストロングの復活し、
ツール・ド・フランスにスキル・シマノが選出され、
楽しみな事この上無し。
そのせいで、テレビなんて要らないわい、という生活だったのですが、レース観たさについに購入を決意した程です。

その一方で小生は、本日、花粉と戦いながら山方面にひとっ走り。
もうグローブは指切りで、膝を出しても大丈夫そうです。次回はバイクペーサーをします。
[PR]
by sheknows | 2009-03-19 20:14 | ロードレーサー達

冬の自転車用手袋

まだ冬の本番はこんなもんじゃない。
分かってます。
でも、
もう寒い、寒いんだよ〜!!

朝、隊長の電話で叩き起こしてもらい、
ホットケーキを暢気に食べてから
大きな湖へ。
天気は良いが、寒いのです。

帰路、大きな自転車のお店に寄って、手袋の良さそうな物が無いかと物色するが、全然ありません。
自転車用の手袋は、消耗品。すぐに駄目になってしまうので、あまり高価なものは買いたくない。しかし、冷気に対してあまり役に立たないものも嫌だ。
40キロ位で走っている車の窓から手を出していると、どうなるか。
カチンコチンになるでしょ?
それと同じ状態が3〜6時間程続く訳です。
手袋の重要度は高いのです。

いつも行くお店の店長はアソスが良いのでは、と仰るが、
小生は何故かアソスは嫌なのです。もの凄く高いですし。
結局店長に、何か良さそうなもの、探しておくれやす、とお願いして
新しいサドル、アリアンテを買って帰りました。
ラグジュアリーな座り心地です。
[PR]
by sheknows | 2008-12-07 18:43 | ロードレーサー達

紅葉トレーニング

秋は紅葉である。
風情のある風景を見て、美味しいもん食べて、歴史に触れて、伝統あるイケズに溺れたい善男善女が、この時期、全国各地からお越しである。
そやけど
観光バスのお陰で、渋滞ですやろ、ようけ来てくれはるのはええけど。
紅葉見てもな〜、お腹がふくれる訳やないし。

と、言いつつ、まあ、紅葉は見れば、綺麗ですな。
人があんまり、どころかほとんど、やって来ない山の中。
走って来るのは、ロードレーサーとMTBばかり。
c0032580_2138893.jpg

ここまでハアハア言いながら90回転を何とかキープして登る。
心拍がどうとか考えない。考えてもケイデンスと心拍の両方を低く抑えて「登る」のが無理。
タイムも度外視。
重点はケイデンスと姿勢。

目敏い方は気が付かれるかもしれないが、
サドルはフィジークのデモ品。アリアンテを今回お借りしている。
ええねんけど、値段もええよね。ほんまに。

に、しても。
雨が降って、濡れた落ち葉は滑るのである。
ずるっと。
下りは怖いねぃ。
[PR]
by sheknows | 2008-11-25 22:00 | ロードレーサー達

復習

復讐
…ではなく、復習。
峠を登って降りてまた登り、ダム湖を廻って戻って来る。
その間90数キロ。
ケイデンスを意識してもアベレージで90を切る。
ギアが重目のチョイスなのと、
回転させる筋力・持久力が無い。
右足と左足のペダリングが均等でない。
均等でないのは分かったが、どう、均等でないのかが分からないので今の所これについては対策を立てられない。
片足ペダリングと高回転ペダリングを次回へ持ち越しの課題とする。

いや、それにしても、いい天気だ。
ビッグバイクでツーリングの人々が沢山居はりました。
ゆっくり走ってはるツアラーをペーサーにしたりして。

これぞ日本の田園風景というような景色を走り抜けるのはとても気持が良いが、
所々にある、あまり人や車が通らないトンネルは真ん中が真っ暗でとても怖い。
宇宙空間に飛び出したように感じる時もあるけれど、即座に平衡感覚が失われて転けそうになります。
[PR]
by sheknows | 2008-11-03 19:26 | ロードレーサー達

峠三昧

人には「雨が降っても自転車に乗らない言い訳にならないぜ」
と、嘯くが、
やはり、天気が良いのが気分が宜しい。
でも、もうなんだか朝は寒いのよね。
長袖にしようかしら、それとも半袖?
迷うわ〜。

暢気な事を言っている場合ではない。

今回は我が輩の住む辺りのローディーには名高い
「登れて一人前の峠」を目指して行くのだ。
隊長とコンビニで待ち合わせ
観光客が満載のケーブルカーのような電車を横目に観ながら
クルクルクル〜っとペダルを回す。
快調である。

「一応タイム測っときます?」
あ〜全く、持つべきものはスパルタな隊長。
いきなり直線で登りが続く。登っても登っても、脚を休める場所がない登りが続く。
ギアはとっくにグラニーギアに入っている。

さっきは寒いとか言ってすみませんでした、汗だくです。
ボトル取って水分補給する余裕が無いのは前回と同じです。
あ〜、もうやだ、何なのこの坂。
と、思った頃に中腹に辿り付き、九十九折れが開始。
此処からは楽になる…筈なのだが、終わらない、終わりが見えないぞ。
「もう終わりですからね」の隊長の言葉と共に峠の頂上に。
はあはあはあ…。

やった〜、と感慨に耽る間もなく
ウィンドブレーカーを着込むと同時にクリートをパチン。
下りですの。
さっきの汗が冷えて一気に寒くなる。
猛スピードで下って行ったその先に
また、峠が。

今度の峠は冬になるとスキー場に使うため冬は閉鎖される。
秋の日差しに漆の葉が紅葉しており美しいが、
それを観ている余裕は、勿論無い。
さっきよりは楽に登り終わり、またウィンドブレーカーを着て急降下。

綺麗な川沿いにかやぶき屋根の並ぶ集落を駆け抜ける。
先頭交代しながら…。
あう〜。

何とか第一休憩ポイント(…後から考えたらここしか休憩していない)に到着し、
よもぎ餅を食べてエネルギー補充。
向かい風に苦しみながら走って、殊更にスリップストリームの効果を実感。
…している間にまた目の前には峠が。
「ゆっくりで良いですよ」
と言われても、現時点の全力がこのスピードですがな。
は〜、消耗する登りだ。

登ったからにはまた下る。
出来る限りのスピードでカーブの多い道を走る。
既に我が輩は先頭は走れない。
千切れないようにするのが精一杯なのだ。

その我が輩の行く手には、また、
峠。
まあ、もうお尻も痛いですし、
肩も張ってますし、脚はもちろんやられてますからね、ふんふん。
と登って、今度ばかりはゆっくり下る。
疲れているのでガードレールに突っ込みそうだ。

あ、終わりました、今日のトレーニング。キツかった。
飯が美味いです。
[PR]
by sheknows | 2008-10-29 20:59 | ロードレーサー達

湖をぐるりと

大きな湖が家から少し車で行った所にあって、
そこを自転車でぐるりと巡ってきた。
我が輩の住む辺りでは、その湖を一周していないロードレーサーは
一人前とは認定されない。
実は他にも一人前に認定してもらう為には、登らなければならない峠があったり、
出さなければならないスピードがあったり、色々ある訳だが
その辺をクリアするのは割合簡単ではなさそうなので、
ぐるっと走ればいい、というイージーさに惹かれたのである。

しかし、だ。
イージーではない事は、走り出してものの0.5秒で判明した。

或る程度の速度を維持しながら先頭交代をしていきましょう、
という隊長の指示で走り出したのだが、風はアゲンスト。
あわわわ〜、千切れたら仕舞いやん。
ボトル取って水分補給するのも必死ですがな。
ほんで、あんさん、この微妙な登りでスプリント勝負するんかいな、え〜い、こら、待て!
何をむさぼり喰っているのかと思えば…君、それ最中か!!
とまだ前半は皆元気がある。

コンビニで補給する以外は休憩せず、
後半はトラックのバンバン通る国道をひた走る。
ほんでもって途中から、…土砂降りとなる。
前を走るタイヤからの水しぶきに耐えるか
スリップストリームを犠牲にするか
それは…どっちも嫌。
とアンビバレントな走りでよたよたしつつ、
もう帰って風呂に入る事しか考えていない。
後半は殆ど曵いてくれた隊長のお陰で全員が出発地にたどり着く。
大体距離にして140キロ。
脚より肩がやられました。

で、思うのは、
「今度は一人で行ってみよう…。」
[PR]
by sheknows | 2008-10-26 22:55 | ロードレーサー達

坂を駆け上る

一体どういう事になっているのか自分でも不思議だが
3日バイクに乗らないとモゾモゾと、何となく気持の座りが悪い。
そういう訳で、部下には悪いが、小生の連続出勤率は著しく低下。
二日仕事したら休みなのだ。
まあ、そう上手く行かないけれど。

そうして、何をしているかというと、
美味しいものを目指して遠出も
街中をノンビリポタリングも
するけれど、
坂を駆け上がるのが一番楽しいのだ、実は。
峠と名の付く所にはもれなく駆け上がりたい。
おのれの足が頼りのバイク。
然れども、我が輩はお姫様のようなか弱い脚力。
心拍数はきっぱり高く、持久しない。
息があがって、50メートル後ろを走っている人にも聞こえそう。
峠の天辺に到着した頃には、
真冬でも「暑!」
ちとそこから舗装されていない道(…?)に参入してみたり、
雪にまみれてカチンコチンになったり、
鉄砲を担いだ人々に遭遇したり、
耳の穴まで泥まみれになったり、
するのも、また楽しい。
また別の近くの山の和菓子屋さんで美味しいのを買って帰る。

今日はもう釣りやキャンプの人々が沢山登場。
春になったので花粉も結構飛んでおります。
色んな虫も、鳥も飛んで来ました。
次の休み、早く来ないかねぃ。
[PR]
by sheknows | 2008-03-09 17:52 | ロードレーサー達

美人三割増

いや、一体どうした事か。
ぱっと、避けた、のに。

アスファルトとkissである。
アスファルトちゃん、久しぶりだからなのか
痛いな〜。

ぐわーっと擦過傷が顔に。
手も足もいわゆるズル剥け。
スピードが出てたからねぃ。
嗚呼、どんくさ。

道の向こう側からおばさんが血まみれの我が輩を観察しているのだが、
観察しているだけである。
ちょっとしんどくなったので、座ったり寝たりしていると
訪問看護の人が通りがかり、
救急車を呼ぼうとするのである。
さっきのおばさんも我が輩の横で興奮して何やら叫んでいる。
「救急車!!救急車!!!!!」
…ただ、転けただけやのに。
こんなんで救急車呼んだら、救急隊員に怒られるで。
おばはん、ありがたいけど、放っといて。
看護師さんもありがとう、観たら分かると思うけど、顔から行ってるし、頭打ってへんよ。
すぐ近くの医者(入ったら婦人科だった…)で応急処置してもらいます。
おおきに、おおきに。

しかし、そんなことより、
我が輩のサーリー君はどうなったのだろうかっ!
無事なのだろうか?!

…観た所、我が輩より上手に滑ったようで、サドルがちょびっとめくれた位。
うむう、流石。

さて、帰りましょ。

あれ?
ハンドル曲がってる。
…。
そらそうやな。
えいえい、と六角レンチで直して。

顔に寒い風が凍みるね〜。

自宅に帰って鏡を見る。
「まあ…なんて事!!我が輩の美貌が…」
おお〜ん

明日からマスクです。ふぉふぉふぉ。
花粉症って事にしとこっと。
[PR]
by sheknows | 2008-02-19 18:07 | ロードレーサー達

ちょっとそこまで…

ふらふら〜っと出かけたは良いが、
いつまでたっても帰って来ない。
なんぼ天気がええっちゅうても、
一応まだ1月やし、冬やねんし!
ね。…んったく。

そやけど、
自転車に乗ってどこまで行けるか、探検してんねんもんね!
見上げるとこんな空
c0032580_21231686.jpg

ちょっと走るとこんな橋
c0032580_21244725.jpg

初めて自転車に乗れた時の楽しさを再度。
帰って喰う白飯の美味い事。
2合平らげました。
[PR]
by sheknows | 2008-01-10 21:24 | ロードレーサー達


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧