カテゴリ:ロードレース( 100 )

ジロ・デ・イタリア2010 stage21

なんだかんだとグネグネしていたが、
辞めるのもめんどうくさく、本日はレースに出走。
c0032580_20215873.jpg
晴れの爽やかな天気の元、暑苦しく走ってきた。
結果は去年と同じカテゴリーで同じ順位。つまり、駄目だった。
あの登りをアウターでグワーッと行けるようになったらカテゴリーを上げる事にするが、
そんな事は当面起こらない。

レースが始まってすぐに飛び出した一人を追って何故か小生が集団を引いてしまい、
は、これはいかん!と気づいて下がったら
にわかに腹が痛くなった。
「え〜っと…こういう時はどうするんですかな〜」
と集団内で走っているうちにスピードが乗ってくる。
いつもならへろへろ〜っとなるような向かい風区間、ゆるい登りも集団内だとラクチン。
勝負の登りに差し掛かる。
みんな一斉にギアを変える。
体重のある人は平地は速いけど、登りはやはり辛い模様。
ここで、今回小生は垂れた。
この後の下りと平地のスピードはさほど遅くはなかった筈。
登りがアカンのよね、前からの課題だけど。

4月にあったクリテリウムレースよりもこのレースの方が好きだ。
公道を走れるというのは良いよね。たとえ4時起きが必要だったとしても。
オーガナイズの方々、毎年ありがとうございます。

で、ジロは最終ステージ。
個人TTだ。
去年はメンショフの落車があって最後の最後までびっくりだったが、
今年はどうかね?

………………………………………………………………

ああ、終わってしまった。
ジロ、いつもながら感情的に盛り上がった。
シモーニも引退してしまったし。

最終日の個人タイムトライアルは、オリンピック銀メダルのラーションが実力を見せて優勝。
このレースを通して、サクソバンクは目立たないようでいて、2つのステージを取っているし、新人ジャージも獲得している。
エヴァンスはBMCチーム内でどんな存在なのだろう、バッランがレースに戻ってくる事になり、ツールでもまた、見事なヒールっぷりを期待する。
そして、ヴィノクロフ、この人は「根性の走り」を見せたねぃ。さあああて、次のグランツールでは「両雄並び立たず」のリプレイなるか?!ふぉふぉふぉ。

唯一全員が完走したのはリクイガス。
あの表彰台の感じは良かったねぃ、バッソをみんなで担ぎ上げたシーンは、この勝利を象徴するものだった。

何か、こう、小生は観ていただけなのだが、感慨深い。
観る前は、カリフォルニアに豪華メンバー取られて、どうなの?と思っていたが、
やはりさすがのグランツール。見応えありました。
[PR]
by sheknows | 2010-05-30 20:36 | ロードレース

ジロ・デ・イタリア2010 stage20

薔薇の手入れはひっかき傷が出来るし、虫はいるしで大変。
痒いよ〜。

今日はチマコッピ!
ガヴィア峠を予定通り登るらしい。
おおお、凄いな。
そして下りが楽しみ。

辻啓氏のレポートは毎回楽しみだが、今日はいつもに増して期待が高まる。
下手するとレース展開より楽しみにしている…。

え〜、現在バラバラとしながら先頭は13名ほど。
あまりタイム差がない状態でそろそろ一つ目の登りに入る。

わーわー!
…………………………………………………………………………

しかし、ガルゼッリがリタイアだ。
うむ〜。昨日の落車で怪我したようだ。

リクイガスとアロヨの戦い
なのだが
このジロのリクイガスは強い。
いくらアロヨがピンクのピナレロであっても、
ジャージ以外は勝つまでピンクにしないと決めたかのようなバッソを守るリクイガス軍団に
どう仕掛けるのか、楽しみなステージ。

けれどもガヴィア峠に差し掛かってからまたしても映像がゴール地点にロックオン。
そらそうなるわな。
眩しい雪の回廊を登って登って気温は4度。
霧もある。

シモーニがアタックし、ブイグテレコムのスイス人チョップがかわしてガヴィアを通過。
恐ろしいスピードで下るチョップ。
ジワジワとサストレやヴィノクロフが追い上げる。
しかし、リクイガスは鉄壁ガードでペースをコントロール。
エヴァンスは逃がしたが、もう圏外だから良いという判断だったんやろな。
冷静、沈着。

チョップが逃げ切りゴールでリクイガス軍団は最後まできっちり抑えて
バッソが3位。

途中で映像が途切れたが、それでもなお、期待を裏切らないステージだった。
堪能。
これぞジロ。

しかし、最大の疑念は録画がここで終了しておった事だ。
チマコッピも短パンで制したという辻啓氏の電話レポートがこの後あったらしいと知って一人地団駄。
ダンダンダンダンダン!!!ダダダン!
くそう、再放送では必ず。

放送の中で浅田監督がウィンドブレーカーを走りながら着る方法をご教授下さったが、
小生は両手離しで飴食うのがせいぜいだ。
ウィンドブレーカー出して、袖通して、ジッパー合わせて、上げて、なんて無理だっぺ。
[PR]
by sheknows | 2010-05-29 20:24 | ロードレース

ジロ・デ・イタリア2010 stage19

は〜、心の重荷になっていた講義終了。
マンツーマンに近い状態でしゃべるにはある程度慣れているが、
研修で講師するって楽じゃない。
実際にしゃべる内容の何倍も準備したが、
あまり上手くまとまらなかった気がする…。
ま、取り敢えず終わったし、反省点を確認しつつも安堵。

しかし、実はまだ他に心と体の重荷になっている事がある。
週末のレース。
出走するかやめるか迷うぐらいテンション上がらない。
…レースの前はいつもこんな感じといえばそうなのだけど、
既に若干の緊張状態に入っている。
ううううむ。
食欲無し。

一方今日はジロ山岳ステージ。
集団から後ろ髪をたなびかせカルペッツが逃げて捕まる。
ガルゼッリがやる気満々のリクイガスが引く集団から抜け出す。
さらにその前には10人がバラバラと逃げている。

ヒルクライムを登るこつを今中氏が伝授しているけど、
そんなん80回転で廻そうとすると、
めちゃ軽ギアでないと無理だわな。
ケイデンスを上げるってそんなに簡単ではないですな。は〜。
…しみじみしちゃうねぃ。

14パーセントの坂でも我が輩は嫌だよ。
どんなに遅くても登れれば良いっていうのであれば誰だって登れるさ。
楽しく走って速くなるという方法なんて、無いのね、多分。
要は、勝ちたいかどうか、という問題。

ガルゼッリの登りはキレイですね、走りが。

…………………………………………………………………………
しかし、そのガルゼッリの姿が消え
シュミットの引きでリクイガスシステム作動しだすと一気にハイペースに。
バッソとニーバリ、スカルポーニが先頭に立った時には、もうこれで決まりかと思った。
誰もアローヨに加担せんし。
しかし、ニーバリに引かれてセイフティライドのバッソを追うアローヨの走りはキレていた。
見る間にタイム差が小さくなる。

下りの得意な選手の映像は、観ているだけで体も傾くが、無理がなくて、こっちが不安になるような感じも無い。が、苦手な選手の下り映像はブレーキの感じとか怖くて転けそうでオーバーランしそうで小生の体がガチガチになるね。

だが、登りはやはり先頭三人に分があった訳で、最後の登りで商談成立した彼らにアローヨは届かず。一人ゴールから去る彼の背中からは誇りを奪われた男のやるせなさが。

で、ピンクのバッソ。流石に嬉しそうだった。靴までピンクやん。
しかし、つる〜んとした石けんみたいな印象だったバッソだが、ええ顔して登りますな。
このエースのためなら、と思える人なのだろう、彼は。
リクイガスの強さを観ていると、そんな気がする。
[PR]
by sheknows | 2010-05-28 22:32 | ロードレース

ジロ・デ・イタリア2010 stage18

バイクの自賠責と任意の保険が明日で切れるという事に突如気がつき
滑り込みで更新。
折角ユーロもポンドもドルも安いのに買い物する資金が…。

ツール・ド・熊野もはじまっておる。
750メートルの個人TTってどんなん?
1分少々で走り終わるのねぃ。
アップ大変そう。

ガゼッタのおもちゃライブが全然動かず昨日のままだったが
放送開始と共に動き出した。

雨の気配の漂う18ステージ、コースも急遽短縮。
昨日まででリタイヤ47人。
現在はカイセンとあと一人が逃げて2分45秒差。
ゴール映像を流し続けているぞ、この中継。
…むむ?まさかこのまま???

と思いながら明石焼を食っていたら
ちらっとライブ映像が。
さて、どうなる事やら。
全然状況分からん。
注目はリクイガスとエヴァンス、変わらず。
スプリンターって誰が残っているんだっけ?と思いながらもスプリントステージになる筈。
新城はボネのアシストの日かな?

………………………………………………………………

結論から言うと、まあ、スプリントステージだった。
胃腸の調子が悪かったグライペルがグワーンと勝った。
…そして次の日にはジロを去った。
登り〜なぁ、折角なんやし〜。

しかし、ガルダ湖って美しい。
行ってみたい。
そして出来るならロードレーサーで走ってみたい
って思ったよね?!
[PR]
by sheknows | 2010-05-27 21:54 | ロードレース

ジロ・デ・イタリア2010 stage17

あ〜めがふ〜りま〜すあ〜めがふ〜る〜。
ららら〜。

85キロ地点から1級山岳を登り、急降下。
そして再び登ってゴールの今日の17ステージ、もうここまで来たら注目するのはリクイガスとエヴァンス。アローヨが意外とヌケヌケとジャージキープするか、といった辺り。
でも、「普通のステージ」が殆ど無いこのジロは、「予想外の展開」を暗に期待してしまう。
ふふふ。

キリエンカ、イグナチェフを含む12名の逃げが22秒差。
小生はワインクーラーで既に酔っぱらい。

あら、瞬く間に逃げ吸収。

…雨が降っているのだろうかね、早くライブ映像観たい。

ああああ、いつの間に30人の逃げが!ブイグテレコムが4人入っている?
ほんま?!

…………………………………………………………………

雨は降っていなかった。
新城幸也が逃げ集団で虎視眈々とチャンスを狙っている走りを見せ
しかし、15キロ地点でホンド達がアタックした時に姿が消えた。

チェーントラブル。
アタックがかかった逃げ先頭にはその後懸命に走っても戻れなかった。

ゴールを先頭で切ったモニエは倒れ込んで動けない。
何とも凄まじい。

機材トラブルがこれほどまでにショックな事とは。
メカニックの人はこんな時心臓が痛くなるのだろうな。

折角の中野マッサー最終日だったがね。
[PR]
by sheknows | 2010-05-26 20:34 | ロードレース

ジロ・デ・イタリア2010 stage16

また雨だ。
クレーム対応で疲弊し、ずるずると帰宅。
刺身を食べたが何の刺身か分からなかったぞ。

山岳個人TT。
3班に分かれてやるのだねぃ。
走り終わったらゴンドラに乗って下界へ。

トッププロ達が蛇行するのを早く見たい。
ううううむ。
先に風呂入ってしまおうっと。

………………………………………………………………
わはは、今日はおもろいで!
辻啓氏の中継もいつもに増して臨場感が。

24パーセントってアホみたいな坂…。

………………………………………………………………

空気が薄い中で劇坂を登る彼らの姿は鬼気迫るものがあった。
怖いぐらいの追い込み状態でゴールしてくる中、ゲルデマンがふふ〜んとゴール。

うわ〜、ガルゼッリが!ガルゼッリが!!!
サストレが!
エヴァンスが〜〜〜〜!
おおおお、バッソが!!!!

凄まじいなガルゼッリ、ヒルクライマーとは俺の事だ!という感じの表彰台。
王冠をあんまりかぶりたがらないガルゼッリ。

「意外とパッショーネ」エヴァンスはじわりと総合の戦いに不気味な陰を。
バッソは逃げ切れるのか?最終日TTが彼にとっては、誰から観ても鬼門だねぃ。

このステージは解説実況も面白かったねぃ。
[PR]
by sheknows | 2010-05-25 21:43 | ロードレース

ツアー・オブ・カリフォルニア stage8

カンチェラーラも帰ってしまったが故に
これ以上長いと無理だ、と思っていた所が
本日最終のカリフォルニア。

久々の栗村監督登場、だが、疲労がなんとなく滲む。

うむ〜途中まで観ていたんだが、これからもう一回見直す。
さっき帰って来た所なのだね、実は。
今週末の研修資料というか、内容を作っていて11時廻ってしまった。
疲れた、ケーキ食べよ。

………………………………………………………………

う〜む、レース展開がどうとかではなく、
解説を楽しむという感じだな。
ポポヴィッチは引くの下手とか…。

マイケル・ロジャースが総合優勝。
2万1千ドルの優勝賞金か〜。
賞金が高いって参加意欲が湧くよねぃ。
重要。

ライプハイマーは3位。
レディオシャックは小生の観点からはヒールを担って頂いているので、
そこが頑張らないと面白くないからね。

あ、フォイクトが総合6位になってる…。

ヒンカピーはチャンピオンジャージでポディウム。
ナショナルチャンピオンジャージでかっこええのベスト10には入らないす、あのジャージは目立つが。

んで、サガン君はちゃーんとポイント賞と新人賞。
5000ドルを2個、獲得だ。

また観てみましょか、と思うステージは第二ステージと第8ステージ。
ま、時間があれば。
[PR]
by sheknows | 2010-05-24 23:46 | ロードレース

ジロ・デ・イタリア2010 stage15

ローラー台って、普通の神経ではやってられない。
ちょっと感覚が狂ってないと、あのしんどさは。

などと述べる人は、さぞかし、追い込んで練習してるんだろうと
思うのが普通だな…
小生は、レースにのぞむファイティング期間に入る筈が、
気分も体調もダウン傾向。
全くスイッチが入らない。あらゆる言い訳を用意してある。
情けないこった。

観る時はまた別。
今日はゾンコランだ!
もうガゼッタのおもちゃ中継は始まっている。
序盤20キロ走った辺りからピノーを含む6人が逃げ、現在も逃げている。
速い、時速60キロ。たまりませんな。

さて、ピッツァも食べた事だし、本日のローラー台第二ステージ。
渋々ながらやっておくか。

は、疲れた。
ダッシュメニューがこなせない。
30:60を5本と
アウタートップ筋トレ。
200W5分175W5分。
もう終わり。
変な痛みが全身に廻る。
毒でも盛られたのか…、誰に?!

………………………………………………………………
ゾンコランゾンコラン、ゾ〜ンコラ〜ン。

あれま、マキュアン帰ってしもうた。

残り120キロで先ほどの6人逃げ集団は14分35秒のタイム差。
さて、中継始まっちゃうよ。良い具合に登りもこれからだ。
飲み物の用意、今日はキューバリブレで。

………………………………………………………………
リクイガスはチームでがんがん引いてペースアップ。

いや、ゴール手前10キロを切って、ゾンコランの攻防は
かなり見応えがありましたな。
普通なら真っすぐ走れない程の急勾配で勝負。
明日が休息日で良かったねぃ。
もう絞っても何も出んよ、という感じでバラバラと選手達がゴールしてくる様は
さすがにゾンコラン。

結局バッソとエヴァンスの一騎打ちとなった時に感じる妙な暑苦しさというか粘っこさ。
同じような感じはサストレが登場した時にも。
言わば、彼らは吉良上野介。
…よく分からんか。

踏み踏みエヴァンスを対照的な軽やかなペダリングで突き放したバッソが1分以上の差を開けて勝利。
いや〜、素晴らしい。
すげーポディウムガールのアイシャドウがイタリアンカラーになってた。
マリアローザはアロヨがキープ。

明日はゆっくり眠れるよ。
んで、明後日は未舗装区間ありの個人TTって?
んむ〜。
[PR]
by sheknows | 2010-05-23 19:15 | ロードレース

ツアー・オブ・カリフォルニア stage7

雨、予報通りだ。
庭の薔薇もうつむき加減。
c0032580_1113382.jpg

個人タイムトライアル。
解説実況次第で全然面白くなくなるステージ。

そしてスプリンターはもう残っていない。
カヴェンディッシュもボーネンもキッキ、ボス、アエドも帰った。

お腹の調子が悪いとか鼻炎だとかの噂のカンチェラーラは4番目出走。
結果的にびっくりするようなタイム。
周りのもの、どころか、画面のこちら側をも圧倒するいつもの迫力はこれっぽっちも無かった。
結局彼は16位。
強いものには、「常に強い」という事を知らずに求めてしまうものです。

サガンは、30キロ以上のTTを走った事がない、という割には良いタイムで帰って来た。
恐ろしいねぃ。全然映してもらえてなかったけど、17位。
今はまだ朴訥とした雰囲気なのだが、リクイガスという事もあり段々と洗練されていくのだろう。

フォイクトが意外というと失礼だが、5位。
ザブリスキーは露骨なまでの仏頂面ポディウムだったが3位。
そしてまあ、そういえば、のトニー・マルティンが勝った。あまり今年は調子が良くなかったようだが復調してきたか。

実況解説は言い間違いペア…だった。
しんどい瞬間がたびたび。
[PR]
by sheknows | 2010-05-23 11:30 | ロードレース

ジロ・デ・イタリア2010 stage14

録画で忙しい。
ロードレースの中継は、まあ、長い。
編集しても3時間近くになる。
それでもレース全てを中継する訳ではなく、
200キロ以上の行程の半分か後半なのだが。
もっと容量の大きいHDにすれば良かったとつくづく思う、
特にこんなダブル中継がある時期は。

え〜さて、始まりましたな。
14ステージ。
山岳アペリティフらしいけど
サストレとかバッソがタイム差をどれほど縮小できるのか。

おやま、ポッツァートが逃げている。
6人の逃げ集団が6分稼いでいる状態から中継スタート。

ガゼッタのウェブサイトのおもちゃのような中継画面も楽しいです、ご覧あれ。

………………………………………………………………
リクイガスデイとなったこの日、
何と言っても、小生はシュミットに賞賛の紙吹雪。
「俺が引いている時に絶対言って欲しくないのは『もっとスピードを落とせ』だ」
って、かっこええやんけ。
そして言葉通りに山岳の序盤を一人で引き続ける。
おお〜、ウィギンズも捕まえる。
素晴らしい。

下りの苦手なバッソだが、今回は背水の陣。
最後に刺して2位。
勝ったのは下りの得意なニーバリ。

狼煙を上げるかと思いきや、サストレあきませんでした。
そして、エヴァンスはデフォルトが一人なのね、チームではなく。
[PR]
by sheknows | 2010-05-22 21:45 | ロードレース


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧