プリン

仕事が終わってからの時間で
週に一回、相方に講義をしている。
相方は自分は甘い物を食べないのに、
気遣って差し入れを持って来てくれる。
昨日はプリンだった。

晩ご飯もなしで、講義を始めるため、
実はお腹が減っているのだが、
時間が惜しいのと、資料や道具がないと説明出来ないので、やむを得ない。
相方は空腹という感覚がないかのように澄ました顔をしている。
ジャスミンティーを何杯も飲むだけだ。

11時過ぎまで講義は続く。
出来る限りの説明をして、質問を受けて、
丁寧に1つ1つの理解を深めていく。
こっちもフル回転なのである。

夜中に食べるプリン。
特別な物ではないのだが、感覚が鋭くなっているので、
妙に美味い。
昔食べたプリンの味が少しした。
[PR]
by sheknows | 2005-02-25 16:06 | 美味しいもの

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows