美人三割増

いや、一体どうした事か。
ぱっと、避けた、のに。

アスファルトとkissである。
アスファルトちゃん、久しぶりだからなのか
痛いな〜。

ぐわーっと擦過傷が顔に。
手も足もいわゆるズル剥け。
スピードが出てたからねぃ。
嗚呼、どんくさ。

道の向こう側からおばさんが血まみれの我が輩を観察しているのだが、
観察しているだけである。
ちょっとしんどくなったので、座ったり寝たりしていると
訪問看護の人が通りがかり、
救急車を呼ぼうとするのである。
さっきのおばさんも我が輩の横で興奮して何やら叫んでいる。
「救急車!!救急車!!!!!」
…ただ、転けただけやのに。
こんなんで救急車呼んだら、救急隊員に怒られるで。
おばはん、ありがたいけど、放っといて。
看護師さんもありがとう、観たら分かると思うけど、顔から行ってるし、頭打ってへんよ。
すぐ近くの医者(入ったら婦人科だった…)で応急処置してもらいます。
おおきに、おおきに。

しかし、そんなことより、
我が輩のサーリー君はどうなったのだろうかっ!
無事なのだろうか?!

…観た所、我が輩より上手に滑ったようで、サドルがちょびっとめくれた位。
うむう、流石。

さて、帰りましょ。

あれ?
ハンドル曲がってる。
…。
そらそうやな。
えいえい、と六角レンチで直して。

顔に寒い風が凍みるね〜。

自宅に帰って鏡を見る。
「まあ…なんて事!!我が輩の美貌が…」
おお〜ん

明日からマスクです。ふぉふぉふぉ。
花粉症って事にしとこっと。
[PR]
by sheknows | 2008-02-19 18:07 | ロードレーサー達

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows