年下の男

年下の男が周りには多い。
才能のある若い男の無知と無謀と過信を、
ハラハラしながら、呆れながら観ているのは結構楽しい。
「衰え」という言葉に実感が無いが故に、基本的にはそれに対する気遣いもない。
何もかもが「可能性」で覆われているが故に、彼らは可能性を見いだせない事に対して激しく嫌悪感を持つ。
自分では鉄壁の防御をしているつもりで、こっちから見れば隙だらけ。
突っ走る勢いはあっても、流れをコントロールする技はまだ無い。
未熟で、ブレイク寸前の煌めきを持つ彼らは、自分がもう失った何かを真っ正面に掲げている。

年下の女は普通にゴロゴロしている。
若さが永遠に続くものでは無い事を、彼女達はまだ知らない。
自分がちやほやされるのは、「若さ」という属性に対してである事には気付かない。
甘えたり泣いたりしながら過ごすうちに、笑顔すら変容していくのが面白い。
媚びたり高飛車になったり、「女」というのは何かを分かっているようで分かっていない状態で「テスト」を繰り返す。
誰が見ても美しく、光る時期を走り抜けている。
そのスピードは加速する事に薄々気付いていても、手のうちようが無い。
儚さを感じ取れるのは、全てが終わってからなのかもしれない。

勝手に近寄って来て、勝手にこっちのエネルギーを搾取して行く、
段々育って行くのを見ているのが面白く、楽しい。
一人前になって、ひよっこだった事などすっかり忘れて、
恩知らずな口をきいても、
まあ、それはそれ、そういうものだ。

そう思える程度に、こっちは「熟成」されてしまったが。
[PR]
by sheknows | 2005-02-06 20:57 | ロードレース


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧