スイミングの薦め

週に2回はプールに通う事にしている。
仕事が終わってからゆっくり1時間弱で2キロを泳いでジャグジーに入って帰る。
泳ぎ出しは身体が硬く、辛いのだが
500メートルを超えた頃から、少しづつ調子が出てくる。
誰に教えてもらった訳でもなく、我流でのんびり泳ぐだけ。
通い始めた頃は、全く余裕が無くて、
泳ぐだけで必死だった。
最近は水の中で咳が出ても平気だし、
多少足がつっても大丈夫。
泳ぎながらプールの端から端まで見る事も出来る。
しかし、美しく泳ぐ人の姿をいくら真似ても、上手くならない。

上手くならないが、妙に楽しい。
身体のあちこちに凝り固まっていたモノが流れ出すのが分かる。
がちがちになっていた肩や首の痛みが楽になる。
それと同時に精神もほぐれる。
色々な事が煮詰まって苛々している時にも
泳いだ後は何だかすっきりした気分で、
思考回路がリセットされたような感じがする。
くよくよ悩んでいる事があっても、
一旦そこから離れられるので、切り替えが出来る。
無心に泳ぐ、その効果なのだろう。

しかし、無心に泳がないと
いくら仕事できりきり舞いをしていようが、
恐ろしい出来事に巻き込まれていようが、
懸命に距離を数えて、水の中では泳ぎに集中していないと
うっかりおかしな所でブレスをしてしまったり、
キックのタイミングがずれて変な動きをしてしまったり、
何メートル泳いだかさっぱり分からなくなったり、
ゴボゴボと「プールの水でハラフクルルの巻」になったりするのだ。

ひたすら泳ぐ。
何も考えずに水の感触、スピード感を楽しむ。
泳ぎ切ったら更に身体をほぐし、
シャワーを浴びて帰る。

その後のビールは格別美味い。
[PR]
by sheknows | 2005-01-29 06:11 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows