A KNIGHT'S TALE

ロック・ユー!
監督:ブライアン・ヘルゲランド
出演:ヒース・レジャー、マーク・アディ、ポール・ベタニー、ルーファス・シーウェル、アラン・テュディック
2001年 アメリカ

伝説やお伽噺に出て来る騎士達は、
皆、
苦難の旅に出て、
妖しい魔女から呪いを受けたり
とてつも無く恐ろしい怪物と死闘を繰り広げる。
そして、出会う。
夢のように美しい人に。
しかし、
その人に出会ってしまった事により、
苦難の旅は更に辛さを増すのだ。

騎士道は厳しい。

昔々、馬上槍試合というのが有った。
甲冑の騎士が疾走する馬ですれ違い様に木製の槍で相手を突く、という競技。
スポーツとしての試合、相手を殺すのが目的ではない故、刃はついておらず。
それには貴族しか出られなかった。

で、
…というのがこの続き。

現代風の鎧、衣装。
現代風の音楽。
現代風の台詞。
なので真面目に時代考証をされる向きには面白くないやも知れぬが、
春の曇天が続く中、
爽やかなこんなフィルムも良いではないか。

今をときめくヒース・レジャー弱冠21歳にして主役。
ポール・ベタニーの長台詞は観もの。
然れども、二人を凌駕するルーファス・シーウェルの存在感。非常に魅力的な敵役。ケネス・ブラナーの「ハムレット」にフォーティンブラス役で出ていた。
なのに、ヒロインが、…。
先ず、姿勢が悪い。
表情や仕草が「遊び慣れた金のある小娘」位にしか見えない。
あの衣装、彼女の品のなさを表現しているとしたら正解だけど。

ま、
猫肉の串焼きとホットワイン、
もしくは、焼き鳥とビールを片手に。
[PR]
by sheknows | 2006-03-12 18:16

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows