SERENDIPITY

セレンディピティ 恋人たちのニューヨーク
監督:ピーター・チェルソム
出演:ジョン・キューザック、ケイト・ベッキンセール、ジェレミー・ピヴェン、モリー・シャノン、ブリジット・モイナハン、ユージン・レヴィ
2001年  アメリカ

運命。
素直に受け入れず、従順でなく、
それに逆い、自ら選択した、と言い張る人に
運命は冷たく、石を投げる。
と、言ったのは橋本治だったか。

クリスマス前のNYで、偶然に出会った二人が惹かれながらも再会のチャンスを逃したその後。それぞれの結婚式を目前に何故か浮かない。運命の人は、「あの人」だと思っていたから…。

「ヒア・マイ・ソング」のピーター・チェルソムが監督だと知って観たのだが、
なんともまあ、ロマンティックな甘いフィルムであった。
そうは言っても、ジョン・キューザック主演。いわゆる美しい男ではないが、どういう訳か魅力的。そして、この人の演技は面白い。
ケイト・ベッキンセール、この人はあまり脇役には合ない気がする。
ジェレミー・ピヴィンがまた良いのだ。

黒いカシミアの手袋をして、
ホットチョコレートなど飲みながら…。
[PR]
by sheknows | 2005-11-29 21:47

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows