YOU ONLY LIVE TWICE

007は二度死ぬ
監督:ルイス・ギルバート
原作:イアン・フレミング
脚本:ロアルド・ダール
出演:ショーン・コネリー、丹波哲郎、浜美枝、若林映子、ドナルド・プレゼンス
1967年 イギリス

今年は柿の当たり年だそうで、
山里では美しい色の実が鈴なりである。
サツマイモも当たり年。
…なのかどうかは、良く分からないが、ちょっと寒くなってきたこの時期、
焼き芋である。
今回は自分で焼いてみる事にした。
餅を焼く網の上で、あの甘い香りが漂って来るまで、根気づよく焼く。
割ってみると、ほくほくの黄金色。お〜!
スイートポテトやチョコレート掛けをするのは焼き芋の食べ残しで。
「サツマイモのニョッキ」も美味そうだが、まだ実験していない。

で、この映画は、焼き芋を片手に観る。
美味いモノを手に面白い映画を観る幸せ…。

日本が舞台の007。監督・脚本家が仲々決まらず、ロケ地探しに苦心し、危険な撮影でスタッフは足を失い、つきまとうマスコミやファンにショーン・コネリーは苛立ち、様々な事故に見舞われながらの製作であった。
ロケット打ち上げ台のセットはロンドンのスタジオだったようだが、当時異例の大規模なもの。今観るとちゃちな感じを受けるが。
丹波哲郎はかなり英語が上手く発音も綺麗だ。ショーン・コネリーが日本人に変装するのには無理があるが、それも笑える。

しかし、何と言っても、007シリーズといえば、あのオープニング。
揺れる銃口の向こうにジェームズ・ボンドが現れる、あれだ。
シンプルに見えて、アーティスティックなオープニングタイトルは名作であり、これを手がけたモリース・ビンダーは天才肌のオープニングタイトル作家。彼の死後もそのテイストは引き継がれているのだ。
[PR]
by sheknows | 2005-11-20 19:14 | 映画

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows