Gerhard Richter

ゲルハルト・リヒター
鏡の絵画 Painting as Mirror
c0032580_0344281.jpg
11枚の分厚いガラスを重ねてあるその前に立つと、自分の姿の輪郭がにじんでいる。輪郭だけではない、中身もにじんでいる。動くとその軌跡が僅かに残るように見える。今にも溶け出すかのようである。
溶け出した後に残る形は何か、をふと考える。
もしくは、
11枚の分厚いガラスを重ねてあるその前に立つと、自分からオーラが出ているのが見える。緑でも赤でもない、透明のフレアのようなオーラが見える。
そして、
自分が映らない所まで行って、不思議そうに覗き込んでいる人々の姿を見る。
何度も行ったり来たり、近寄ったり離れたりしている。
何か考え深そうな表情を浮かべて佇む人もいる。

「ガラスの裏のグレイ」は、絵を見ようと近寄って来た人がぎょっとして、素早く離れる。自分が映っているのを観るからだ。

「8枚のグレイ」は円形の白い部屋に展示されていて、その展示自体が宗教的神話的。意味ありげに何度もグルグル旋回していると、存在の根源を問われている気がしてくる。

「アブストラクト・ペインティング」シリーズ。この手の作品群に対しては、態度を決めかねる事が多いのだが、この人のものはどれも「欲しい」と思わせるものがある。

「鏡はより完璧な絵画である」というゲルハルト・リヒターの作品は、演劇的な側面を持っている。
それが持つ力は図録では判らないので、実際に是非ご覧下さい。

金沢21世紀美術館にて 10/26まで開催中
[PR]
by sheknows | 2005-10-03 00:34 | 美術


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧