Revengers Tragedy

リベンジャーズ・トラジディc0032580_2253395.jpg
監督:アレックス・コックス
出演:クリストファー・エクルストン、エディ・イザード、デレク・ジャコビ、アンドリュー・スコフィールド、カーラ・ヘンリー、マーギー・クラーク、ダイアナ・クイック、アントニー・ブース、ソフィー・ダール
2002年 イギリス

やけに格調高い台詞は、シェイクスピアと同じ頃に活躍した戯曲家トーマス・ミドルトンの原作を近未来2011年のリバプールに翻案。
パンクフィルムの雄、アレックス・コックスがオックスフォード大学法科に在学中に出会い映画化したいと思い続けて来たという脚本である。
舞台劇めいた台詞回しとパンクな衣装、渋いキャスティングの力作だ。

美学の無い悪徳を体現するデュークに支配される世界、デュークに婚約者を毒殺されたヴィンディチが伯爵に復讐する、息子に取り入り、跡目争いを利用して。息子に求愛された我が妹の存在を利用して。婚約者の頭蓋骨に語りかけながら…。

クリストファー・エクルストン、この眼のギラつき、復讐者という役にぴったりである。
エディ・イザード、モンティ・パイソンのジョン・クリーズと並び称されるイギリスきってのコメディアン。芝居は当然ながら上手い。
そして、デレク・ジャコビ。メイクと衣装で最初は分からなかった程のこってりさ。自分の役の悪趣味さを楽しんでいるかのよう。

見応えあり、奥深さあり、あらゆる角度で興味深いフィルムである。
“Let the man who seeks revenge remember to dig two graves."

これは、映画館で観たかったな〜。
[PR]
by sheknows | 2005-08-04 22:54 | 映画

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows