紋切り型 風之巻

紋切り型 風之巻
著者:下中菜穂
発行:(株)エクスプランテ

紋切り型というのは、その昔、江戸時代に全盛であった紙を畳んで切って、広げると…あら綺麗!美しの紋が!という優雅な遊び。

このブックレットは型紙と和紙折り紙と解説書がセットになっていて、初めての人が、いきなりやってみたくなる、そして、出来てしまう嬉しい作りである。
複雑に見える紋が以外と簡単に切れたり、こんなモノまで紋にするのか!と驚いたりしながら気が付くと紋切り型の面白さ美しさに魅了され、虜になってしまう、危険なブックレットでもある。1つのブックレットに27種程の型紙があるのだが、飽き足らず他のシリーズをつい買い求めたくなる。沢山あるから当分飽きずにチョキチョキ切っては広げ切っては広げ…。

お部屋の飾りに一人で楽しむも良し、七夕の飾りにもなるから、みんなでチョキチョキ切るのも良し(異様に盛り上がる)である。
[PR]
by sheknows | 2005-07-05 06:50 |

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows