2011シクロクロス全日本選手権

筋肉痛に苦しみつつ、早朝から始動。
本日はシクロクロス全日本選手権を観に出かけた。

マキノ高原に作られた斜面を利用したコースは休み所も勿論無ければ、抜く所もほぼ無し。
エゲツナクエゲツナイ。
c0032580_2172221.jpg

マスターは三船監督優勝。
大人げない大人げないといじられていたが、勝ち負けに大人も何もありゃせんわな。

女子は豊岡選手。
二位の選手が悔し泣き。豊岡選手もコメントを述べながら胸が一杯になった模様で落涙。同じ涙でも、違う種類。

そして、スタートからオトロしいスピードで度肝を抜く男子エリートカテゴリー。
速さが違う。
c0032580_2165350.jpg

序盤から先頭は竹之内悠と辻浦圭一の二人。
所謂一騎打ち。
痺れるね。
c0032580_20534941.jpg

最終周回、辻浦選手の張りつめた糸が切れた瞬間、勝負が決まった。
ゴールの時には花火もババーンと上がった。
見応えのあるレースだった。

そしてアイアシュッケというドイツ菓子を求めて、うほほと帰宅。
濃厚なチーズケーキが好きな方は、是非。
紅茶はキームンが良いですね。
[PR]
by sheknows | 2011-12-11 21:12 | ロードレーサー達

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows