問題棚上委員会の活動報告

段々と年度末への苛立ちがうつらうつらとした我が輩の仕事っぷりでも感じる今日この頃。
あくまで年度末であって、年末でない辺りが如何にもピントのずれた具合…いや、先取りしている感じだが、ここで問題棚上委員会の活動を振り返ってみよう。
c0032580_2042679.jpg


今年度の目標は「下手に注目されている事による被害を可能な限り食い止める」という事であり
それに沿って
・現状はカクカクシカジカであり、各部への折衝の後、検討致したく云々…
・関係者へのヒアリングを早急に行い、対処方法について具体案の策定を中心となって実行する委員会の設立に…
・たたき台を作成するにあたり、メンバーからの資料の提出を待っている…
など
割と良く有る感じの問題棚上げレベルに終始し、
更に効率の良い
・次年度以降の課題として…
というフレーズが未使用である事を鑑みるに、
若干の躊躇いが委員会には存在すると言える。

我々の活動により、無茶振り&思いつきオーダーに対する遅延や破談は水面下では見られており、成功案件としては前年度比で10パーセントアップしている。
我々は一般的に知られる存在とは言えないが、我々が安全対策室等と共に表立って活動する事は考えにくく、従って、今後も更に「明日や明後日、来年や次年度へうっちゃらかせるものはうっちゃらかす。」「今決めなくても良いものは、いつまでも決めなくても良い。」という確固たる信念に基づき、密かに大活躍していこうではないか。
何となく消滅していった怪しい案件の陰には同志諸君の並々ならぬ活躍があったものと我が輩は確信している。
ただし、決して、我々の存在が明かされる事があってはならないのだ。それを胆に銘じておいてくれたまえ。

あ、新加入希望ですか?

まあそれは良いとして、ミルクティーとアップルパイでもどうだね?
[PR]
by sheknows | 2011-11-26 13:19 | お仕事

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows