ツール ド フランス 2011 終わりました

…終わってからすでに結構な日数が経っている、ツールが終わるとロード乗りの夏終了、という感じが若干するのと、慢性寝不足から立ち直りつつある、がっかりと体力回復とが混ざった状態。

兄弟でポディウムに乗っちゃったシュレックブラザーズ。
18ステージのアタックは誠に素晴らしく美しいものだったが
しかし、小生は、彼らが今年勝たなくて良かった、と思った。
コンタドールの絶不調だったこのツールが最大のチャンスだった訳ではあるが。

そう、コンタドール。
あんな頼りないコンタドールを見たのは、グランツールにおいて、初めて、かもしれない。
それだけコンタドールは圧倒的で、観る者(…小生だけかも)に「もうええって」と思わせる程だったのに。

エヴァンズ。勝ってしまった。ツールの王者だ。
エヴァンズの走りには華やかさが不足しており、(そういう意味ではサストレとかと似てるかね〜)今ひとつ好きになれない、あの声も、イライラの表現の直截さも。
でも、既にエターナルセカンドじゃない、押しも押されもしない立派なチャンピオンである。

まあ、今年はジルベールやフースホフトという歴々の強者がマイヨジョーヌを着て、
もの凄くマイペースで神経質そうなヴォクレールがマイヨジョーヌを着て、
結構その辺は面白かった。
落車やひき逃げ事故が相次ぎ、恐ろしい幕開けだったが、終わってみれば、
中々のツールだった。
今年はジロより面白かった。

c0032580_14473110.jpg

朝早くから走りに出たところ、ひっそりひまわりが咲いていた。
[PR]
by sheknows | 2011-07-31 14:48 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows