黒糖粽

仕事で大阪に出かけたついでに、デパートの地下で黒糖粽を買って帰った。
「重五の節供」と書いてあるが、何と読むのだろう?などと思いながら。

笹にくるまれた小振りな黒糖粽は葛で形をまとめてあって、
少し冷やしてから食べると、
ツルンと次々口に入っていってしまい、
あっという間に目の前から無くなる。
黒糖の風味と冷えた葛であっさりしていて、
餅ではない。米は使っていない。
趣のあるパッケージも好ましい。

滋賀県の彦根市に本店のある「たねや」
洋菓子も別チャンネルで作っているが、
和菓子がやはり美味しい。
御使いものにも美しく無駄のないパッケージのセンスが良く、
しかも美味しいと喜ばれる。

黒糖好きの小生の偏った好みかもしれないが、ベーシックな「末廣饅頭」は黒糖風味の皮(皮というのか?すみません、お許しを。)に甘さを控えたこしあんが入っているとても小さな饅頭。こういったものも当たり前のように美味しい。

また今度、次は何を、と美味しいものの並ぶ中をうろうろする小生の目元はいつになく鋭く、口元は、…たぶん笑っている。
[PR]
by sheknows | 2005-04-24 11:30 | 美味しいもの

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows