トレイルラン

寒いすな。
車のフロントガラスがメリメリと凍っている。
風がビュービューと電線を鳴らしている。
そういう時、
何をするのが楽しくないか、と考えると
外で立ちっぱなし。
近似値、大掃除。
洟垂れるし、足凍るし、皮膚切れるし、間違いなく風邪引く。
なんでこんな時期に大掃除するのだ…毎年の嘆き。
そして、ロードレーサーで峠を下る事。

しかし、冬にある程度、というか、かなり乗り込まないと
レースの走りが出来ない。
冬走った奴だけが勝てる、と言われると、
…うぃっす。

でも、ロードレーサーには明日も乗るし、昨日も乗ったし、今日は楽しいトレイルラン。
普通だとおそらく1時間ほどでちゃっちゃと走りきれるだろうコースだが、
険しいアップとガレ場の下り、寒風吹きすさぶ集落を抜け、
枯れ葉の敷き詰められた粘土質の土の上をゴロゴロと転がる感じで、走る。
…まあ客観的に供述すると、走っているような気分でスピードはよちよち程度。
でも、汗が。
頭から湯気立つ。自転車と一緒ね。
下りでも寒くないのがトレイルランは良い。
最後はゴルフ場に抜ける舗装路の急坂を下る。c0032580_16394434.jpg
…膝に来る。

明日はどこに行くやら、もう雪降っているって言ってるのになあ。うう。
[PR]
by sheknows | 2010-12-18 17:00 | トレーニング

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows