la Vuelta a España stage3

ずいぶん日が落ちるのが早くなり、
比較的日暮れからは涼しい…はず、
なの、
だが、
汗が滴る状態で帰宅なのだった。
がっくり。

ブエルタ第三ステージは
1級山岳が出て来て、下って最後はぎゅうっと登ってマラガのお城にゴールというコース。
リーダージャージのカヴェンディッシュは山岳が始まる前に遅れ、
逃げのシャコベオ・ガリシア、セラフィン・マルティネスって全然知らない選手だけど、
強かった。
途中から逃げ集団から抜け出し独走、あわや、という所まで行ったのだった。

しかし、
リクイガスとかオメガファルマロット、カチューシャ辺りが終盤追い上げ始め、
徐々に小さくなったメイン集団には
ニバリ、ジルベール、ポッツァート、ホアキン・ロドリゲスが控えて
最後のアタックをいつ誰が仕掛けるのか、
ゴールに向かって登り始めるあたりで俄然緊迫感が増してきた。

ジルベールは昨シーズン後半の爆発力が、
再び蘇っている事を見せつけて、すがるホアキン・ロドリゲスを突き放した。
かっこええねえ、あのゴールは。
ワンデイクラシックみたいな雰囲気だったが。
ニバリは目の前でジルベールにアタックかけられた時、感覚がスローモーションに入り、手も脚も出なかったそうだ。
うむ〜。

ジルベールの表彰台はスマート。
フットオンセルヴェットがチーム表彰で3人ポディウムに上がったわ。

スカイのチームはどうもブエルタ直前のチームキャンプで食中毒になったみたいですねぃ。
選手も、スタッフも大変な事に。
気の毒な。

それよりも、カンチェラーラが自分のサイトを更新していて、そこに思わせぶりな文章を載せているもんだから、世間は大騒ぎ。カンチェラーラはサクソバンクに残るんだ、と一旦納得していたせいか、ぎょっとする。でも、ルクセンブルグチームに行くのは無い気がする。
はあ、現段階では、分かりません、この話は。
[PR]
by sheknows | 2010-08-31 21:38 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows