ジロ・デ・イタリア2010 stage20

薔薇の手入れはひっかき傷が出来るし、虫はいるしで大変。
痒いよ〜。

今日はチマコッピ!
ガヴィア峠を予定通り登るらしい。
おおお、凄いな。
そして下りが楽しみ。

辻啓氏のレポートは毎回楽しみだが、今日はいつもに増して期待が高まる。
下手するとレース展開より楽しみにしている…。

え〜、現在バラバラとしながら先頭は13名ほど。
あまりタイム差がない状態でそろそろ一つ目の登りに入る。

わーわー!
…………………………………………………………………………

しかし、ガルゼッリがリタイアだ。
うむ〜。昨日の落車で怪我したようだ。

リクイガスとアロヨの戦い
なのだが
このジロのリクイガスは強い。
いくらアロヨがピンクのピナレロであっても、
ジャージ以外は勝つまでピンクにしないと決めたかのようなバッソを守るリクイガス軍団に
どう仕掛けるのか、楽しみなステージ。

けれどもガヴィア峠に差し掛かってからまたしても映像がゴール地点にロックオン。
そらそうなるわな。
眩しい雪の回廊を登って登って気温は4度。
霧もある。

シモーニがアタックし、ブイグテレコムのスイス人チョップがかわしてガヴィアを通過。
恐ろしいスピードで下るチョップ。
ジワジワとサストレやヴィノクロフが追い上げる。
しかし、リクイガスは鉄壁ガードでペースをコントロール。
エヴァンスは逃がしたが、もう圏外だから良いという判断だったんやろな。
冷静、沈着。

チョップが逃げ切りゴールでリクイガス軍団は最後まできっちり抑えて
バッソが3位。

途中で映像が途切れたが、それでもなお、期待を裏切らないステージだった。
堪能。
これぞジロ。

しかし、最大の疑念は録画がここで終了しておった事だ。
チマコッピも短パンで制したという辻啓氏の電話レポートがこの後あったらしいと知って一人地団駄。
ダンダンダンダンダン!!!ダダダン!
くそう、再放送では必ず。

放送の中で浅田監督がウィンドブレーカーを走りながら着る方法をご教授下さったが、
小生は両手離しで飴食うのがせいぜいだ。
ウィンドブレーカー出して、袖通して、ジッパー合わせて、上げて、なんて無理だっぺ。
[PR]
by sheknows | 2010-05-29 20:24 | ロードレース


珈琲も紅茶もお茶も好き


by sheknows

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ロードレース
ロードレーサー達
美味しいもの

音楽
お仕事
映画
美術
トレーニング
自転車もの
日常
能 狂言
旅行

検索

リンク

お気に入りブログ

イタリア生活日記ブログ+...
書斎のうちそと
映画の雑貨店
世界は映画でまわってる。
小林恭子の英国メディア・...
foggyな読書
It's a wonde...
◆Cinq*Etoiles◆
丁子色
かえるぴょこぴょこ CI...
make myself ...
aiai @cafe
ありがとう 人生!~me...
カエルのはんこ工房
cycle sports

ライフログ


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]


ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]


ベスト・オブ・モンティ・パイソン


うろんな客


ニーナとピアノ+4


パリ~ルーベ 2010 [DVD]


Bryars: Jesus' Blood Never Failed Me Yet


バッハ:イタリア協奏曲


コックと泥棒,その妻と愛人


伊藤若冲大全


フロスト日和 (創元推理文庫)


21世紀を憂える戯曲集


幕末太陽傳


Sunday At The Village Vanguard


黒と青―リーバス警部シリーズ


枝雀落語大全(25)


パニッシング・キッス


Stars and Topsoil: A Collection 1982-1990


Revancha Del Tango (Bonus CD)


SYMBOL


Solo Monk [Bonus Tracks]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
スポーツ

画像一覧