ジロ・デ・イタリア2010 stage16

また雨だ。
クレーム対応で疲弊し、ずるずると帰宅。
刺身を食べたが何の刺身か分からなかったぞ。

山岳個人TT。
3班に分かれてやるのだねぃ。
走り終わったらゴンドラに乗って下界へ。

トッププロ達が蛇行するのを早く見たい。
ううううむ。
先に風呂入ってしまおうっと。

………………………………………………………………
わはは、今日はおもろいで!
辻啓氏の中継もいつもに増して臨場感が。

24パーセントってアホみたいな坂…。

………………………………………………………………

空気が薄い中で劇坂を登る彼らの姿は鬼気迫るものがあった。
怖いぐらいの追い込み状態でゴールしてくる中、ゲルデマンがふふ〜んとゴール。

うわ〜、ガルゼッリが!ガルゼッリが!!!
サストレが!
エヴァンスが〜〜〜〜!
おおおお、バッソが!!!!

凄まじいなガルゼッリ、ヒルクライマーとは俺の事だ!という感じの表彰台。
王冠をあんまりかぶりたがらないガルゼッリ。

「意外とパッショーネ」エヴァンスはじわりと総合の戦いに不気味な陰を。
バッソは逃げ切れるのか?最終日TTが彼にとっては、誰から観ても鬼門だねぃ。

このステージは解説実況も面白かったねぃ。
[PR]
by sheknows | 2010-05-25 21:43 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows