ツアー・オブ・カリフォルニア stage8

カンチェラーラも帰ってしまったが故に
これ以上長いと無理だ、と思っていた所が
本日最終のカリフォルニア。

久々の栗村監督登場、だが、疲労がなんとなく滲む。

うむ〜途中まで観ていたんだが、これからもう一回見直す。
さっき帰って来た所なのだね、実は。
今週末の研修資料というか、内容を作っていて11時廻ってしまった。
疲れた、ケーキ食べよ。

………………………………………………………………

う〜む、レース展開がどうとかではなく、
解説を楽しむという感じだな。
ポポヴィッチは引くの下手とか…。

マイケル・ロジャースが総合優勝。
2万1千ドルの優勝賞金か〜。
賞金が高いって参加意欲が湧くよねぃ。
重要。

ライプハイマーは3位。
レディオシャックは小生の観点からはヒールを担って頂いているので、
そこが頑張らないと面白くないからね。

あ、フォイクトが総合6位になってる…。

ヒンカピーはチャンピオンジャージでポディウム。
ナショナルチャンピオンジャージでかっこええのベスト10には入らないす、あのジャージは目立つが。

んで、サガン君はちゃーんとポイント賞と新人賞。
5000ドルを2個、獲得だ。

また観てみましょか、と思うステージは第二ステージと第8ステージ。
ま、時間があれば。
[PR]
by sheknows | 2010-05-24 23:46 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows