ジロ・デ・イタリア2010 stage15

ローラー台って、普通の神経ではやってられない。
ちょっと感覚が狂ってないと、あのしんどさは。

などと述べる人は、さぞかし、追い込んで練習してるんだろうと
思うのが普通だな…
小生は、レースにのぞむファイティング期間に入る筈が、
気分も体調もダウン傾向。
全くスイッチが入らない。あらゆる言い訳を用意してある。
情けないこった。

観る時はまた別。
今日はゾンコランだ!
もうガゼッタのおもちゃ中継は始まっている。
序盤20キロ走った辺りからピノーを含む6人が逃げ、現在も逃げている。
速い、時速60キロ。たまりませんな。

さて、ピッツァも食べた事だし、本日のローラー台第二ステージ。
渋々ながらやっておくか。

は、疲れた。
ダッシュメニューがこなせない。
30:60を5本と
アウタートップ筋トレ。
200W5分175W5分。
もう終わり。
変な痛みが全身に廻る。
毒でも盛られたのか…、誰に?!

………………………………………………………………
ゾンコランゾンコラン、ゾ〜ンコラ〜ン。

あれま、マキュアン帰ってしもうた。

残り120キロで先ほどの6人逃げ集団は14分35秒のタイム差。
さて、中継始まっちゃうよ。良い具合に登りもこれからだ。
飲み物の用意、今日はキューバリブレで。

………………………………………………………………
リクイガスはチームでがんがん引いてペースアップ。

いや、ゴール手前10キロを切って、ゾンコランの攻防は
かなり見応えがありましたな。
普通なら真っすぐ走れない程の急勾配で勝負。
明日が休息日で良かったねぃ。
もう絞っても何も出んよ、という感じでバラバラと選手達がゴールしてくる様は
さすがにゾンコラン。

結局バッソとエヴァンスの一騎打ちとなった時に感じる妙な暑苦しさというか粘っこさ。
同じような感じはサストレが登場した時にも。
言わば、彼らは吉良上野介。
…よく分からんか。

踏み踏みエヴァンスを対照的な軽やかなペダリングで突き放したバッソが1分以上の差を開けて勝利。
いや〜、素晴らしい。
すげーポディウムガールのアイシャドウがイタリアンカラーになってた。
マリアローザはアロヨがキープ。

明日はゆっくり眠れるよ。
んで、明後日は未舗装区間ありの個人TTって?
んむ〜。
[PR]
by sheknows | 2010-05-23 19:15 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows