ツアー・オブ・カリフォルニア stage7

雨、予報通りだ。
庭の薔薇もうつむき加減。
c0032580_1113382.jpg

個人タイムトライアル。
解説実況次第で全然面白くなくなるステージ。

そしてスプリンターはもう残っていない。
カヴェンディッシュもボーネンもキッキ、ボス、アエドも帰った。

お腹の調子が悪いとか鼻炎だとかの噂のカンチェラーラは4番目出走。
結果的にびっくりするようなタイム。
周りのもの、どころか、画面のこちら側をも圧倒するいつもの迫力はこれっぽっちも無かった。
結局彼は16位。
強いものには、「常に強い」という事を知らずに求めてしまうものです。

サガンは、30キロ以上のTTを走った事がない、という割には良いタイムで帰って来た。
恐ろしいねぃ。全然映してもらえてなかったけど、17位。
今はまだ朴訥とした雰囲気なのだが、リクイガスという事もあり段々と洗練されていくのだろう。

フォイクトが意外というと失礼だが、5位。
ザブリスキーは露骨なまでの仏頂面ポディウムだったが3位。
そしてまあ、そういえば、のトニー・マルティンが勝った。あまり今年は調子が良くなかったようだが復調してきたか。

実況解説は言い間違いペア…だった。
しんどい瞬間がたびたび。
[PR]
by sheknows | 2010-05-23 11:30 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows