ツアー・オブ・カリフォルニア stage5・6

胃が痛い。
ああ、胃だけじゃない、何か変な痛み。

仕事をしていても我慢できない程痛かった。
どないストレス溜めとんねん、と自分にボヤキながら
ガスター飲んで沈静化。
調子悪い。
寝てないからな、殆ど。

カリフォルニアは何とホスト役のランス・アームストロングが顔から落車してリタイア。
サクソバンクのオグレディは鎖骨を骨折だ。ああああああ〜。
ハウッスラーも帰ってしまった。

フォイクトのアタックは迫力あるねぃ。

そしてサガン、勝ってるよ。

と、思ったら、次のステージでも勝っている。
中野マッサーも喜んでいるに違いない。

中野マッサーと浅田監督、サッシャのトリオは大人な雰囲気が時に漂い、良い感じ、かな。

アンディ・シュレックは調整走りなのか調子が悪いのかどちらだろう?
それが分かるのは、多分ツールが始まってからだ。

カリフォルニアで使う道路は広い。比較対象がやたらと狭いジロだからかもしれないが。
余裕のある二車線を全面使用、それでも落車する時はする。
狭い、広いの問題じゃないって事だねぃ。

サガンにこのレースは注目。
今総合3位だぜ、15秒差の。
タイムトライアルは自分でも分からんと言うておるようだ。
そうそう、TTと言えば、カンチェラーラどうだろう、明日は。
[PR]
by sheknows | 2010-05-22 19:37 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows