ジロ・デ・イタリア2010 stage9 ツアー・オブ・カリフォルニア stage1

さっき、ジロに間に合うように急いで帰宅の途中、
山の中でもないのに、
道の真ん中に大きな鹿が、ぼ〜っと立っていた。
鹿は里まで降りて来て農作物や色々なものを食べてしまうので
山里の人々に嫌われているが
その立ち姿は、凛々しいね。

ツアー・オブ・カリフォルニアが開幕。
オーストラリアであったツアー・ダウンアンダーとちょっと雰囲気が似ている。
どことなくいつも観ているヨーロッパのレースとは違うシンプルでオープンでカジュアルな感じが漂う。
カンチェラーラとボーネンが出ているし、見逃す訳にもいかない。
が、ゴール前落車。
ボーネンは大丈夫か?
カンチェラーラも落車に巻き込まれた模様。
カヴェンディッシュが普通のガッツポーズでゴール。
アエドは届かず残念。バーデン・クックはリタイアしてしまったな〜。
スイスチャンピオンジャージはプロトンでもひときわ目立つ。大柄だしね。見つけるの簡単です。

んで、今からジロはステージ9。
レース映像が来ない模様。さて、どうなることやら。
ちゃんとスプリントゴールやってほしいわ。
…………………
巨大水たまりの中を突っ走っておる映像が…。
恐ろしい。
今日も眼や鼻から、また傷口から泥やばい菌が入りそうなレース。
なぜに、こう毎日過酷なのか。
普通のレースで十分面白いのだから妙なアトラクション要素が強いと選手に嫌われるぞ、ジロ。
[PR]
by sheknows | 2010-05-17 21:46 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows