ジロ・デ・イタリア2010 stage8

山頂ゴール…。
考えてみると酷なものである。
150キロ以上を走って来て最後に花背峠を登る感じか?
むううう。
まだ、足らんか?!
そうか〜…。

第8ステージも逃げ切り勝利。
しんどそうに走るクリス・セレンセンは2009年のジャパンカップ優勝者。
ゴール前は霧で霞んでいたが、釣りガッツポーズは分かりにくい。
ヴィノクロフのマリアローザを奪うのは少なくともリクイガスでは無いような気配がしてきた。
勿論ランプレでも無い気がするが。
ってことは、…エヴァンス?!
えええええ〜!

ペタッキがスプリントで勝つ前に降りてしまった。

辻啓氏の電話インタビューは面白いね。
ハラハラする。スリリングだ。

日焼けは疲れるので出来るだけ焼けないようにしている。
しかし、日焼け止めを塗っても、
グローブとジャージの隙間やレーパンの丈の違いにより
妙な段だら模様が肌に出来てしまう。
顔は覆えないので一番焼けている。
汗が目にしみる。
明日も晴れだ。

明日はツアー・オブ・カリフォルニア開幕。
カンチェラーラ、ボーネン、ブレシェル、アンディ・シュレック、カベンディッシュが走る。
豪華やん。
家にいる時間はほとんどテレビを観ているという状況に陥る予定。
[PR]
by sheknows | 2010-05-17 01:06 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows