ジロ・デ・イタリア2010 stage2

火山の影響が放送が始まってもレースがなかなか映らず、
白戸&栗村トークが
「さ〜て、これ、どうすんだい?」の雰囲気を醸し出していた。

落車が異様に多いステージ。
アムステルダム郊外の道路はツルツルなのか、
中央分離帯の高さが中途半端なのか、
油か何か撒いてあるのか?!と思うぐらい。
ゴロンゴロン、ガシャンガシャンと。
見ていて痛い。
広範囲な擦過傷は膿むと熱を持って寝られない。
ましてや、骨折なんてしてようものなら…。
ね。
怖いねえ、ロードレースって。

ポッツァート痛そうだったねぃ。

ゴール・スプリントがいつも以上に
リスク満点に見えたねぃ。

タイラー・ファラー、落車しながらも見事に優勝。
ああ、エヴァンスがマリア・ローザか〜。ふ〜ん。

練習中落車のフースホフト鎖骨骨折でオペらしい。
うむう。

落車ニュースだらけだな。

本日は朝練。回復走。
20キロを平均時速25キロで。
ケイデンス平均86。
最高時速46.5キロ。
最後のもがきが足らないね。

今から出勤して夜10時まで会議。
よよよ、寝てしまいそう。
[PR]
by sheknows | 2010-05-10 12:00 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows