ロンド・ファン・フラーンデレン2010

いや〜、興奮冷めやらぬまま、夜が空け、
勢い余って本日休みを取ってしまいましたさ。

…ん?

素晴らしいレースだ、と思うかどうか、は
贔屓の選手が勝つかどうかに多くはかかっているのだが、
今回は内容もライバルとの駆け引きも走り自体も表彰台も文句無し。
他にこの勝ち方を出来る人は居ない。
栗村修氏が言った通り、「男を決める」レースで将に圧勝。
惚れ惚れするねぃ。
カンチェラーラ、並ぶもの無し、であるよ。

落車が多かった。
バイク交換もやっていた。スペシャライズド大丈夫?何で交換してたのだろうか、あんなに頻回にサクソバンク達。
難所ゆっくり攻撃は素晴らしく面白かった。
解説・実況の人々がテンションかなり高めであった。
思ったより早く逃げが掴まり、
キラ星のごとくの優勝候補だけが残って、ハラハラ、ワクワク。

カンチェラーラがあの坂でアタックして、姿が見えなくなった時の
ボーネンの踏ん張り、あれもホンマにかっこ良かったねぃ。

終わってみればジルベール3位。ふむ。
ブレッシェルは完走したんかいな?と思っていたらちゃんと上位に入っている。
アームストロングやカヴェンディッシュはツールの下見的参加だったのねぃ。

次のレース、パリ・ルーべはカンチェラーラはマークがキツすぎるから無理かね。
ボーネンが強く無いと、クラシックは面白く無いのだ、是非、死闘を繰り広げて頂きたい。

で、
小生は花見練。
暑かった。もうロングタイツは無理。
118キロで平均時速25.8キロ。
まあ20キロを切るような峠は1カ所だけの湖からダムを廻って川を上がるコースだしね。
向かい風におえおえ言い乍ら15キロのTT。
疲れるな〜、足が途中で終了しかけたす。
c0032580_18401487.jpg
30キロアベレージで帰路を急いでいる時には前を高速で走るターゲットが居てくれたのでペース維持しやすかった。
追いかけられている状況とか、追っている状況は、
やはり、淡々と一人で走るよりも踏ん張りが利くねぃ。
ようけ補給食食べたな〜。パンとおにぎりと飴とジェルとパンとジュース2本。
消費カロリー<摂取カロリー。
ちぇ。
[PR]
by sheknows | 2010-04-06 18:45 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows