ミラノ〜サンレモ 2010

来た来た、ミラノ〜サンレモだ。プリマヴェーラ、春を呼ぶレース。
何とほぼ300キロに渡るロードレース。
ツーリングで走るのも普通の人は「未体験ゾーン」な300キロ、しかも、レースで走る。
単に300キロを走るんじゃなくて、
高速レース。山も越えるし。
出場しているのは尋常ではない人々なのだ。

え〜と
・昨年の勝者、カヴェンディッシュの歯は治ったんか?走りはどう?
・カンチェラーラはエースナンバー付けて走るのだな。明らかに去年より絞れている気がする。
・ボーネンは今期のクラシックシーズン、どんな感じで仕上がって来ているのか。カタールで勝っているし調子はいい筈。
・ベンナーティは調子が上がって来たらしい。リクイガスは、サガンの登場もあって目立つ。なんか今年は強い感じだ。
・嗚呼ポッツァート、ワクワクするな〜。

ああああああ、ラボバンク、オスカル・フレイレか〜、う〜ん、そうか〜〜〜〜。
高速だったし、ゴール前のアシストはおらんし、そこで勝てるのはピュアスプリンターじゃないのだねぃ。
と見終わってすぐ寝た。

日本の古都にも春一番が吹き
風に乗って小生も回転ライド。
しかし、風力6の予報を見て、風向きも考えて出かけたのに
な〜んか追い風の恩恵は少なかった。
無理矢理山岳コースを走って来て70キロ足らず。
時速21.2キロアベレージ。
裏の峠から登って下りに入ったら何と舗装をひっぺがして工事中。
未舗装の山岳コース、ジロみたいで面白いのだが
…下りはダメだ。危ないだけだ。

あ〜、小生も歯の調子が悪いから走れないのかも。
歯医者に予約せんといかん。
[PR]
by sheknows | 2010-03-21 16:53 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows