ジロ・デ・ロンバルディア 2009

フィリップ・ジルベールとシマノ・レーシングの阿部タカ選手、似てません?
なんて事を思った訳です。
全然勝負と関係ないやんね、すんません。
あと、くしゃみと咳をしながら解説している人がどっちなのか気になったり。
全然レース観てませんね、はい。

いや、でもね、如何に絶好調と言っても、
こんな風に勝てるなんて普通じゃない。
いくら強いアシストがあっても
駄目な時は駄目だし。
全てが噛み合っている感じなんだろうな、う〜ん、凄い。
我が輩なんかは一瞬でそういうピークが終わってしまう、しかも為す術無く。
こういう人達はそのピークをコントロールするのだね。
これでこのシーズンのレースが終わるのが勿体ない感じですな。

んで、我が輩はランニング。
地面が土の所を走るほうがアスファルトより随分楽である。
やっとちゃんと走れそうな感じになってきた。
普段使わない筋肉は痛いけれど。
そして、クルクル高回転ライド。
ランで酷使(…という程でもない)した、筋肉が痛いので
動きが意識出来ていい感じ。
サドルを2ミリ下げてみたので、またフォームの作り直しではある。

まあ、当分は地道に。
[PR]
by sheknows | 2009-10-18 20:55 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows