パリ・トゥール2009

パリ・トゥールと言えば、
世界選手権終了後、観るレースのガックリ減ったロードレースファンが
わーいわーい久しぶりだ〜!と群がる秋のワンディロードレース。
我が輩も当然ながら非常に楽しみにしていた。

しかし、何故かTVには「放送がありません」などとつっけんどんな文字が。
とうにライブ中継の時間になっているのに、映らない。
アンテナもケーブルも問題ないし、何がイケナイのか分からないが、兎も角映らないのである。
若干アルコールが入って冴え渡る頭脳では解明できそうにないので、
朝になってから直す事にして、
大人しくツール・ド・フランスを3ステージ分観ていた。

当然と言えば当然の帰結だが、
またしても寝坊である。
起きたら9時を回っている。
一先ずちゃんとテレビが映るように直して、
自転車装束に着替えて
さて、どこを走ろうか、と考えたのだが
…熱がある。微熱かもしれないが、何となくダルい。

途端にやる気を無くし、昼までダラダラ。
しかし、昼過ぎおもむろに、通勤ルートに走り出す。
登りがあるので110回転は無理でも、心拍は低めで高回転。
前畑峠の手前で折り返し。
帰りはアウター限定で心拍は同じく低め。
ダンシング無し、下ハンドル限定の
距離にして40キロ程度であった。
短距離の割には充実感が。

少し位体調が悪くても、自転車に乗ってしまう方が回復する、…気がする。
[PR]
by sheknows | 2009-10-12 19:47 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows