ブエルタ・ア・エスパーニャ  第7ステージ

雨で滑り易い路面、全くもって平坦30キロ個人タイムトライアル。
デイヴィッド・ミラーのタイムは誰も打ち破れず
このまま久々のTTステージ優勝かも、と淡い期待を打ち破るのは
ご存知ファビアン・カンチェラーラ。
スタートから暫くは抑え気味で
後半から飛ばす飛ばす。
最終的に2位に30秒以上の差を付けて優勝。
ついでにマイヨ・オロも奪還。
は〜。

明日から山岳ステージだからね、明日で終了かもしれないがいいじゃないか〜。
一日でもマイヨ・オロを着る日が長いほうがいい。
集団内でも目立つしね。
ブエルタは、空撮が遠くて全く誰が誰やら分からんねん。

んで、本日はサイクリングという事で、お誘い戴き、チームのエースとトライアスリートの人と山岳ステージ。
体重移動がイマイチ、とか
踏み込みのタイミングが少し早い、とか
ケイデンスが不安定とか、色々言われながら走りました。
初めて走るコースもあって新鮮だった。

明日は回復のための休養日。
あんまり休むとあかんし、ペースを保つのが難しい。
[PR]
by sheknows | 2009-09-06 16:35 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows