真っ赤なバスローブ

一体誰が?

朝オートバイを出しに行くと、
ナンバープレートに紙袋が掛かっていた。
ピンクの包み紙にリボンもピンク。
不審に思いつつも、
よくある事なのと、
慌ただしいので、
自宅に再度戻り放り込んで仕事に行った。

仕事は仕事で色々あってぐったりして帰ってきたら、
玄関にそいつが鎮座しておった。さっぱり忘れておったわい。

開けて見ると、真っ赤なバスローブ…。
カードも名前も何も無い。

何故我が輩がこのようなモノを貰うのか分からない。
新手の嫌がらせ?(思い当たる節があるのが恐ろしい)
冗談の類いなのか?(これも思い当たる節があるのが恐ろしい)
我が輩は以前にも書いたが貰い物には非常に苦労している。
それを知る者がこのような一種の「狼藉」を働くとは思いがたい。
であれば、他の誰かのプレゼントを誤って我が輩のオートバイに引っ掛けたか?
もしそうなら、開けてしまってはいけなかったな…。

赤いバスローブを睨みながら夜は更ける。
[PR]
by sheknows | 2005-03-14 23:41 | ロードレース

珈琲も紅茶もお茶もお酒も好き


by sheknows